スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】AKB48「リクアワ2012」感想

とりとめもなく。

まだユニット祭が残ってますが、
今年のリクアワ、すごく楽しかったです。
最終日に小林とSDNが入ってくるとは
まったく予想がつきませんでした。
小林オタがネギのサイリウムを作ったり
「くるくるぱー」を1位にしようという運動をしていたみたいですが、
こうしてちゃんと結果に現れたいうのが新鮮で驚きです。
真相はわかりませんが、聞いた話では2000票入れたオタもいたということで。
自分の推しメンではなくても、
「くるくるぱー」を上位に食い込ませてリクアワに衝撃を与えたいというファンが、
自分の票のいくつかを「くるくるぱー」に回したのがこのドラマだったんじゃないでしょうか。
AKBの歴史がまたひとつ作られた瞬間です。
なにかと不遇だった小林や小林オタを見る目が、
これをきっかけに大きく変わったと思います。

「孤独なランナー」は、SDNオタからメンバーに向けての、
最高のはなむけになりました。
彼女たちへの労いの言葉が秋元康ではなくみのもんたという最低の演出でしたが、
それを差し引いても感動的なステージになったと思います。
SDNオタが最後に、メンバーが全員ステージに立てる「孤独なランナー」に票を集中させたのが感慨深いです。

ここ数年それほどのサプライズもなくシングル祭に終始していた最終日ですが、
この2曲のおかげで大いに盛り上がりました。
今年のリクアワを楽しませてくれたのは小林オタとSNDオタです。
良いオタに恵まれた小林に今年のMVPをあげたいです。

リクアワも5年目を迎えて、
ファンもだんだん楽しみ方を見出してきたような印象を受けました。
当然上位に入ってくるであろう人気曲に票を集めるのではなく、
ファンがネットで情報をやり取りして、
プライズを待つのではなく自分たちで発生させるのがリクアワの醍醐味だと感じました。
ライトファンが増え、選抜メンもマンネリ化して、
つまらなくなったといわれることも多いAKBですが、
ファンの影響力を行使してまだまだ面白くなるということを証明できたと思います。


では、
ちょっと批判的なことも。

AKBの祭典に毎回芸人が入ってくるという最近の流れ。
AKB紅白のときも感じたんですが、
なんでこんなつまらない演出をするんでしょうか。
メンバーの出演時間を削ってまで、
しかもわざわざVTRで「よそ者」の漫談を披露する意味がわかりませんでした。
AKBがだんだんテレビの延長のようになってしまい残念です。
そんな時間があるならこの機会にスポットを当てるべきメンバーがいくらでもいるはずです。


最終日のネタバレ。
戸賀崎さんの写メは上演直前だったので、
それほど拡散することもなく大事に至らずにすみました。
ギャラクシーの解像度なら、
ちょっと好奇心の強いファンならすぐに解析できるくらいの写メです。
「嵐の夜には」ほど直接的なミスではなかったんですが、
危ないところでした。

もう一つ、
あるメンバーの写メから第二位の曲名が分かってしまった件。
三位のSDNへの布石になったので結果的には良かったんですが、
あまり好ましいことではないです。
秋元さんが撤廃したGoogle+の検閲の必要性を指摘しているファンもいますが、
検閲していたとしてもこの写メはアップされていたと思います。
つまり検閲できるほどリテラシーをもっているスタッフさんがいないからです。
メンバーやスタッフさんに配布するペーパー資料の上下左右を蛍光マーカーで囲うなど、
写メを撮るときに気づきやすいように工夫してあげるのがいいでしょう。

ちょっと前にHKT初日公演の「手つな」が関係者のTwitterからネタバレしたり、
こういう事件はこれからいくらでも起きてくるので、
それを逆手に取って情報を撹乱させるくらいの仕掛けは欲しいものです。


今年のリクアワ、MCが全体的に低調でした。

「ホンマヤン」(山内鈴蘭、高橋みなみ、仁藤萌乃、横山由依)など、
例年に比べて「よく作られた」MCが多かったんですが、
その分観客の反応をそっちのけでシナリオ通りに進行するものが目立ちました。
名取稚菜、竹内美宥、小嶋菜月、佐々木優佳里MCのように台本を頑張って読み上げるだけのものもあって、
なんだか残念な気もしました。
観客を置いてけぼりにして淡々と進行する「sugar(佐藤亜美菜、佐藤すみれ、佐藤夏希)」も内容が貧相で、
トリプル松井のほうが面白かったし、来年はもう結成しなくていいと感じました。

第1日目、初々しい乃木坂46の後に出てきた、
「芸能人」の三人(峯岸みなみ、高橋みなみ、指原莉乃)を見て、
いろいろと考えてしまったんですが、
そんな今年のMCの中でも、
「松竹梅(梅田彩佳、竹内美宥、松原夏海)」の梅田、
「宮澤佐江&13期研究生」の宮澤、
「声優選抜(秦佐和子、石田晴香、仲谷明香、渡辺麻友、佐藤亜美菜、佐藤すみれ、岩田華怜)」の佐藤、石田、
「小林香菜、矢神久美、木崎ゆりあ」の矢神と木崎、
名古屋名物組体操のメンバー、
NMBの福本、
最終日チームBトークの平嶋などが、
よく頑張っていたと思います。
平嶋は最後に盛り上げてくれました。


肝心の楽曲についてあまり触れてなかったんですが、
またどこかで書きます。

【日記】JKT48について。

JKT48「ヘビロテ」
http://www.youtube.com/watch?v=0v1X7cra6zQ&feature=autoplay&list=FLr_4x3_Jsb5grmZz9JK7B1g&lf=plpp_video&playnext=1

大島→メロディ
前田→シャニア
篠田→クレオパトラ
板野→ナビラ

ダンスはものすごくぎこちなくてカクカクしているんですが、
下手に慣れているよりも見ていて爽快です。
なによりもメンバーがみんな楽しそうで、
お客さんを前にして歌って踊れることが、うれしくてたまらないといった様子です。
最近のAKB公演やコンサートではあまり見ることができない感覚です。

人前でパフォーマンスできるチャンスが与えられて、
その日が来るのが待ち遠しく、
今、このステージに立っていることが嬉しくてしょうがない。

こうした感覚を持ってステージに上がるメンバーが、
いまのAKBに何人くらいいるのでしょうか。
それは繰り返し秋元さんが言っている「感謝の気持ち」というやつなのかもしれないです。
「上からマリコ」のじゃんけん選抜メンバーからは、
普段チャンスが与えられていない分、その喜びが溢れていました。
ももクロの2010夏ライブなんかを見ると、
「この一瞬のために生きている!」という感じがします。
JKTを見ていて、そんな懐かしい感覚を思い出しました。


さて、
JKTの中心となっているのがメロディとシャニア。
特にメロディは存在感があってセンターの素質充分です。
シャニアはすごくいい骨格をしていて、
前田敦子に雰囲気が似てます。

そして最年少のナビラ。
この子は日本でもすぐに人気が出ると思います。
目元が大人っぽく、
これからどんどん綺麗になっていくんじゃないでしょうか。


JKTの面白いのは、
メンバーが全員Twitterをやっているところ。
ファンとも頻繁に交流しているみたいです。

昨日のリクアワ後に
AKBメンバーと撮影したツーショット写メなんかも投稿されてます。

ソニャ(愛称パンダ)
https://twitter.com/#!/sonyaJKT48

http://yfrog.com/oeirpjgj



AKBで一番好きなのがリクアワで、
今年のリクアワは特に楽しすぎるんですが、
また感想を書きたいと思います。

【完成】

ひさしぶりにブログ更新します。

〔修論〕

先日、修士論文を提出しました。
一ヶ月後の口頭試問を終えれば無事卒業です。

「修論を書き上げるまでの軌跡」と言っておきながら
執筆中はほとんど更新できなかったんですが、
ブログにちまちまと書いていたような内容が最終的に統合されたかと思います。

AKBをまったく知らない先生方にも納得していただけるような形式で書いたので、
オタの人が見たらまったく違った反応になると思います。
どんなかたちになるか分かりませんが、
AKBファンの方にも読んでいただけるようにしたいですね。

ブログを始めたのが2011年の2月で、
一年弱の間に多くの方々に閲覧していただきました。
コメントは毎回ありがたく読ませていただきました。

ふと思い立ってブログを始めたものの何を書いていいやら分からず、
試行錯誤しながら妄言を連ねていたんですが、
西部ドームレポやAKB関連ニュースへの私的見解などが思った以上に好評で、
多くの方の目に触れる機会を得まして、
このブログを通じていろいろと勉強になりました。
ファンに大きな影響力を持つAKBブロガーの方の気持ちが、
少しは分かったかと思います。
個人的に思い出深いのは3月の大震災のときの記事でしょうか。

ブログはもうしばらく続けます。

とりあえず久しぶりに劇場行きたいです。

【日記】日本のカワイイ制服

おもしろい本があったので。

世界カワイイ革命 (PHP新書)世界カワイイ革命 (PHP新書)
(2009/11/17)
櫻井 孝昌

商品詳細を見る


日本の「かわいい」制服が世界の女子高生たちに受容されているという話。
2006年放送の『ハルヒ』などアニメの影響から、
「ロリータ」ファッションに次いで「制服」をファッションとして楽しむ人が多いという。

日本では80年代後半に私立高校を中心に制服のモデルチェンジブームが起きて、
それまで「ダサい」象徴であった制服がいっきに「かわいい」ものになった。
少子化で子どもが減っていくなかで、
女の子たちが「かわいい制服」の高校を選ぶようになったためだ。
先進国で子どもが主要な「消費者」となったということもあるが、
子どもにかわいい制服を着せたいという親が増えたことも大きいだろう。

タイでは日本の制服ブームがものすごいらしい。
これまでアニメ、マンガが中心だった日本のポップカルチャーが、
「ロリータ、古着、制服」という日本のファッションにまで広がりつつある。

しのぶさんが作るAKB48の制服は世界一「かわいい」

過剰に装飾された「デコdecorative制服」は、
「かわいい制服」のさらに先をいっている。

AKB48が海外展開していくうえで、
「かわいい制服」は外せない。


【日記】6周年とかG+とか。

【論文】
題目届けも提出し終わって、
あとはひたすら書くだけ。
修士論文なのでA4で80枚前後。
けっこう急ピッチで進めないと間に合わない状況。


【6周年】

AKB48劇場6周年特別公演が当たったので劇場へ。
よく見る古参もいるが新規もけっこう多い。
曲目は「上からマリコ」を中心に。
チーム曲もカップリング。
「走れペンギン」の衣装がかわいい。
ちょっと見ないうちに島崎が覚醒している印象。
チーム研究生は「AKB48」
13期生「会いたかった」
ひとりだけ制服から腕が飛び出している長身の子。
「13期生のお父さん的な存在になりたい」というその研究生は、
手足がすらりと長く異彩を放つ。
光宗薫というモデルさんとのこと。
ハーフナーマイクが甲府に入ってきたとき以来のインパクト。

ほとんど初期メンしかMCをしていなかったが、
テレビでは見せないようなリラックスした姿が見れたのでまあよかった。
こういう姿をみるとほんとに安心する。
あと、前田亜美のように「一期生が頑張ってくれたおかげでいまのAKBがある」と謙虚に言う子がとても多いのだが、
あとから入ったメンバーもAKBの正規メンバーなのだから、
あまり初期メン崇拝しすぎるのもどうかと思った。
いつまでも幅を利かせる古参オタと同じではないか。
終始和やかで楽しい雰囲気の記念講演。

とくに昇格もサプライズもなく終了。
サプライズがないAKBは、太陽の出ない遠足のようなもの。
もう一年くらい太陽を拝んでいない気がする。
こういう絶好の機会をはずして別の場所でサプライズがあったとしても、
遠足の翌日に太陽が昇るようなもので、皮肉でしかない。
まあメンバーたちの元気な姿が見れたのでよかった。
初めての全員ハイタッチ。
A→K→B→4→研
武藤の小さな顔が印象にのこる。


【Google+】

まわりで誰もつかっていないGoogle+

ぼくの場合、日常的にgmailをつかうので、
自分のプロフィールがどこまで相手に知られてしまうのか気が気ではない。
仕事先の真面目な相手に、ぼくの「サークル」を見られて、
AKBメンバーが100人もぎっしり登録されているとなると、
なにかと不都合な状況もあるわけで、
わざわざアカウントを使い分けなければならない。

とりあえずメンバー50人ほどサークルに入れてみる。
いまのところはメンバーたちのブログやTwitterを眺めるような感覚で利用。
メンバーが投稿すると、
ファンのコメントが次々に更新されて小さなTLを形成する。
他のメンバーからのコメントもあるので、
その流れを追っているだけでも楽しい。
大島優子だと10分で500件くらいのコメント。

しかし検閲がなくなるということなので、
メンバーのちょっとした発言から国際問題に発展するリスクがいっきに高まったということ。
人権問題や人種問題に発展する可能性はいくらでもあるので、
当然メンバーにはメディアリテラシーを教えた上でサービスを開始していると思いたい。

などと思いながら見ていたら、
早速菊地が失言している。

明日握手会ぢゃまいかq(^-^q)

私服どうしよ

あうあうあー

にしても早く鍋パしたいよキャプテン(´Д`)


12月10日21:16投稿。

「あうあうあー」というのは知ってる人も多いと思うが、
障害者の方をバカにしたネット上の表現で、
数年前に声優の小清水亜美が知らずにブログタイトルに使用して大炎上している。

こういうデリケートな言葉を何の検閲もなしに、
何も知らないメンバーがほいほいネットに投稿できるというのは、
考えてみれば恐ろしいことだと思う。
ブログとちがってSNS上の発言だから、
少しは容赦してもらえるのだろうか?

海外からのコメントも多いみたいで、
AKBの海外展開のためには必要な一手だったと思う。

しばらくは様子見。

プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。