スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】AKB修論構想発表会

修論指導会がありました。

研究科の先生方の前で10分ほど修論構想を発表して、
10分くらいコメントを頂きます。

研究テーマ
先行研究
リサーチクエスチョン
研究方法
参考文献

を現時点で決まっているだけ書いて、
ダメだしをもらうのですが、
研究内容がちゃんと絞られているか、
自分が調べたいことに対して研究方法は適切か、
などいろいろと突っ込まれます。

あたりまえなんですが、
先生方が自分の領域に興味を持ってるわけではないので、
そういう人にも分かるような研究意義を説明しないといけません。
「最近の阿部の成長っぷり」とかヲタ同士で話してるようなことを言ってもダメなわけで、
自分のAKB研究がアカデミックな世界でどういった領域に位置づけられるのか。
法政の稲増教授の「アイドル学」みたいな社会学なのか、
ジェンダー論の文脈として位置づけるのか、
ビジネスモデルに焦点を当てるのか。

今回はジェンダー系の先行研究をずらずら並べてしまったが、
仮説を検証するための対象としてAKBを使うわけじゃなくて、
あくまでもAKB自体の研究なわけだから、
人類学的なエスノグラフィーにするのが最良という結論に。
理論系が好きだからどうしても仮説検証みたいになってしまうけど、
あまり先入観をもたずに資料を集めていこうと思います。
ジェンダー理論はその補足として使うことに。

終わったあと指導教官に2時間ほど個人指導してもらって、
いろいろと参考になるアドバイスを頂いた。

日本のインフラ基盤、経済規模、人口、治安、受験制度、部活制度という、
「AKBの成立条件」をもすこし考察する必要。

「アイドルの楽しみ方」もひとつのリテラシー。
誰かから教えてもらうことで身につけるもの。
煙草の吸い方、お酒の飲み方、セックスの仕方、言語にいたるまで、
人は自然にそれを習得するのではなく、
テレビや本、先輩などを通して「楽しみ方」を教えてもらう。
テレビは口をあんぐり明けていれば情報が自然と入ってくるが、
アイドル文化は積極的に情報をあつめたりイベントに行くことで、
はじめて楽しみ方がわかる。
このへんがテレビしか見ない人とアイドルヲタの温度差の違いを生んでいるのだと思う。
「テレビ世代」の人にくらべていまのヲタや若い子世代の子には、
自分から能動的に情報を集めて楽しむというリテラシーがある。
「気になったらすぐにネットで検索」という、
ぼくらにとって当然の思考も一種のリテラシー。


まあほかにもいろいろと。


けっこう充実してました。


【追記】

テレビが「受動的」というのはステレオタイプな意見で、
ジジェクが言うように、テレビは視聴者の能動性を奪うばかりでなく、
受動性すら奪っているということもできる。
つまり人工的に入れられた笑い声のように、
テレビの中ですべてが充足していて、
視聴者は文字通り「何もしなくていい」という状態になる。
ソファでぐったりテレビを見ているだけで笑い声がテレビから聞こえてくる。

ヲタク的な能動性というのは自分から積極的に情報を集めるだけでなく、
「わたしが楽しむ」のだという、
他者に奪われた「主体の受動性」を回復する行為でもあるのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど

追記に反応しました。

テレビは受動性をも奪っている。
要は考えることを奪ってしまったのかもしれない。
私なんかは40代なのでまさにその世代。
よって、今能動的に動かない人間は
一生変わらないのかもしれません。

よって、私の周りも
能動的に動けない人間と動ける人間で
今の若い人たちよりも より差が生じているかも
っと感じました。

Re: なるほど

>長尾峠さん

コメントありがとうございます。
テレビが思考を奪うという指摘はすばらしいと思います。
大衆の思考を政治から逸らすための愚民政策、
俗にいうスポーツ、セツクス、スクリーンの「3S政策」に、
いちばん貢献しているのがテレビだと思います。
別にテレビ内容を批判しているわけではなくて、
個々人が分別をもって見るのが最善だと思ってます。

ドルヲタに限らずヲタは基本的に情報が少ない環境に置かれているので、
情報源やネットワークなど、とても発達していると感じます。
能動的に楽しもうとする人間が、
ちゃんと楽しめる環境って大事だな、と思いました。

プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。