スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総選挙2013総括 「笑う」AKB

もうAKBからずいぶん離れた身ですがSKEオタの友人からいろいろ話を聞いていたので、
今年の総選挙についての私的な感想を少し書いてみようとおもいます。


2012年初頭の米平事件あたりからAKBの雰囲気は大きく変わった。
離れていくファンと新規参入のファン、つまりファンの新陳代謝が活発になった。
人々が甲子園球児に「期待」するようにAKBメンバーに期待していたひたむきさや謙虚さ、友情や信頼というものが、
この時期を境に(ファンによってはずっと以前から)、欺瞞や偽善、裏切りに変わった。
「夢のためにひたむきに努力する」というコンセプトの少女たちと、
それを応援して楽しむファンという構図がこうして破壊された。
「ひたむきさ」「謙虚さ」「純粋さ」はももクロをはじめさくら学院などにひきつがれ、
かつてのファンもそうして大移動していった。
AKBメンバーたちはかつての自分たちを嘲笑するように次々にスキャンダルを引き起こしたが、
不思議なあことに新しいファンはむしろそれをホットニュースとして大騒ぎし楽しんでいるように見えた。
現在のAKBファンは「ひたむきに努力する彼女たちの姿に感動する」とは決して言わない。
いまそれを真顔でいうのはモノノフだ。
いまのAKBメンバーは「ひたむきに努力すること」を笑い、「謙虚さ」を笑い、「ファンとの絆」を笑い、「純粋さ」を笑う。
つまり今のAKBは初期のAKBのコンセプトを、
パロディとして笑い飛ばすようになった。
それは彼女たちがもはやテレビにおけるバラエティタレントにすぎないことを意味している。
初期のメンバーが持っていたようなひたむきさ、謙虚さは、
テレビの前の安価な笑いに変えられた。
東京ドーム公演を終えたAKBメンバーたちは、
テレビで笑いを取るのに必死だ。
バラエティで人気を博すのはしゃべりの巧みさと他人の嘲笑である。
今年の総選挙の第一位は見事にそれを象徴している。
昨年の4位からすでにその兆候はあった。
番狂わせではなく当然の結果だろう。
彼女の存在は初期のAKBコンセプトを嘲笑し、
ファンもまたそれを選んだ。
多くの新しいファンは「ひたむきさ」などではなく、
「きれいごと」をパロディとして嘲笑するような存在を求めている。

以前にも書いたがアイドル冬の時代がなぜ訪れたのか。
諸説あるが、それまで憧れの存在だったアイドルがおニャン子クラブによってずっと身近なものとなり、
ずぶの素人がテレビの中で簡単にアイドルに変わってく姿をそれまでのアイドルのパロディとすることで、
アイドルであることもアイドルを応援することも「かっこわるい」ものになっていった。
これがひとつ説得力のある説明だろう。
「なに本気でアイドルなんか応援しちゃってるの?」
AKBというアイドル自身がこのようにアイドルを嘲笑するステージに入ったとき、
80年代後期のアイドルパロディからアイドル冬の時代という過程を繰り返すことになる。
ひとつ大きな違いがあるとすれば、
当時に比べて、ファンは本気で応援するに値するアイドルに自由に移行することができることだろう。
マスメディアのアイドルが縮小して、
また90年代のようなオタクのためのアイドルに戻っていくのかもしれない。

アイドルにかつての「ひたむきさ」を求めるファンとそれに答えるももクロをはじめとするアイドルたち。
もはやそうした「純粋アイドル」であることを自己否定し、
アイドルをパロディとして高らかに嘲笑する存在としての新生AKB48として生まれ変わるのか。
現在のアイドルシーンを見る上で非常に象徴的な総選挙でした。


付け加えれば、
AKBからさくら学院に移行した理由は失望や浮気心というものではなく。
単純に私の期待にAKBが答えられなくなっていたということでしょう。
ももクロファンがあれほど自信満々に「彼女たちの一生懸命がんばる姿に感動する」と言えるのに対して、
いまのAKBファンがはたしてそんな台詞を吐けるでしょうか?
アイドルにはファンが胸を張って応援できるようなアイドルでいてほしいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。
>アイドルにはファンが胸を張って応援できるようなアイドルでいてほしいものです。
しかし、そんなアイドルにしたのはそのファンであり、アイドルたち自身であり、秋元氏です。
アイドル情報だだ漏れにし、丸裸にし、スキャンダルまでビジネスに利用してしまった。
それを、アイドルファンは受け入れてしまったのです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

原点回帰

通りかかったものです、初めまして私はSKEファンです
同じ48グループのAKB、NMB、HKTのファンの方の内情は分りませんし、ましてモモクロファンの方も知りません

ですが一つ言えることはSKEファンも熱いです(笑)
真顔で『ひたむきに努力する彼女たちを応援するしその姿に感動する』と言えますよ

また最近ではAKBも研究生を中心に原点回帰を狙う運営のさまざまな動きが見て取れますネ

失礼しました、ではvv
プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。