スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポ】AKBドキュメンタリー映画の感想。

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

新品価格
¥3,730から
(2012/3/3 15:24時点)





『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』感想

いまさらですが映画の感想を少し。
新宿バルト9にて二回目です。

前回は寒竹ゆり監督。
ドキュメント要素はそれほど多くはなかったが、
特定のメンバーごとにシチュエーションを変え、
なによりも彼女たちを魅力的な「女の子」として描くことに成功していた。
歴史にのこるエンディングには「少女たちよ」の軽快なリズムとともに、
レッスン、食事、そしてぐったりと眠り込む様子が明け透けに映し出され、
生命力に満ちた心地よい作品に仕上がっていた。
オタからの評価はまずまずであったが、
監督の我を出すこともなく、
メンバーの魅力を充分に引き出していたと思う。

今回はAKBのPVでおなじみの高橋英樹監督。
前回との比較をしてみると、
まず、メンバーが女の子として魅力的には映し出されていない。
やけに神神しく輝いていた板野も、
豚足をがっつきながら自分の将来について語る前回のほうがずっと魅力的だ。

2011年最大の事件ということで、
3月11日の東日本大震災がAKB48の活動にも大きな影響を与えている。
被災した12期生岩田から始まり、随所に被災地支援活動の様子が映し出され、
エンディングには岩田の手紙朗読で終わる。
前回よりも高橋英樹という監督の色がかなり濃厚にでていたような印象をもった。
サブタイトル「少女たちは傷つきながら夢を見る」とあるように、
全体を通して「傷つく」彼女たちの姿が淡々と描かれていく。
震災でひとりの少女が深く傷つき、
総選挙で大島優子がが傷つき泣きじゃくり、
舞台袖で高城が傷つき大きな不安に襲われ、
西武コンサートではメンバーたちが傷つき倒れ、
謹慎するチームメイトのために他のメンバーが傷つき動揺する。
前回のかわいらしいトーンとは打って変わって、
全体的に暗く重苦しいBGMが重なる。
観ているだけで息が苦しくなるようなシーンが連続する。
2011年のAKB48を象徴するかのような悲壮感が溢れている。

しかし、
そんな彼女たちが実際に被災地を訪れ、
震災で傷ついた人々に笑顔を与え、癒そうとする。
大島も語っていたように、
これまでメンバーが個々の夢を追いかける場所だったAKB48が、
いつのまにか傷ついた人々に希望を与え日本を元気にする存在に変わったことを、
笑顔になって口ずさむ子どもたちを見て実感できた。
震災によってメンバーのAKB48に対する感情にも大きな変化があったのだろう。

震災に始まり、総選挙の舞台裏、西武ドームコンサート、チーム4の混乱など、
息の詰まるようなシーンが続く中で、
北原のとぼけた話や、被災地のファンたちの笑顔、じゃんけん大会3位決定戦と、
小休止のように明るい話題が挟まる。
全体的にシリアスで重苦しい基調のドキュメントだったが、
エンディング曲『first rabbit』の力強く明るい曲調が、
すべてのエピソードを回収して傷ついた彼女たちを心から祝福しているように見えた。

個人的には前回のほうが好みですが、
非常に興味深いドキュメンタリーになっていました。
ファン間で評価の高い『51のリアル』は計685分(11時間25分)と大長編ドキュメントだったわけで、
AKB48の濃密な1年間をたった2時間の映画に編集できるはずもなく、
監督はさぞや頭を悩ませたことでしょう。
寒竹監督は特定のメンバーごとにシーンを分けてましたが、
今回は主要なエピソードごとに4つほどのブロックをつくり、
大震災と岩田華怜というひとりのヒロインを軸にドキュメントを構成しています。
AKB48が映画という古色蒼然たる旧来メディアには適さない、
まったく新しいコンテンツなのだということを実感するとともに、
高橋英樹監督というひとりの作り手が切り取ったAKB48を見ることが出来ます。

とまれ、
少し辛口かもしれませんが映画の感想を細かく書いてみたいと思います。


「戸賀崎さんサプライズ」
チーム研究生による『僕の太陽』リバイバル公演の舞台裏、
サプライズの準備を進めるタキシード姿の戸賀崎さんから、
ステージ登場、チーム4発足宣言にいたるまで、
フルで見せるという演出。
臨場感があってとてもよかったです。
2011年のほとんど唯一と言っていいサプライズ。
こういうサプライズがAKBを応援する醍醐味だと実感します。

「西武ドーム舞台裏」
ファンであればあるほど、
このシーンを見て怒りを覚えた人のほうが多いんじゃないでしょうか。
出る場所もわからず舞台裏でオロオロするメンバーたち。
ちょくちょくブログにも書いてますが、
大きなホールでライブをすることの楽しさや感謝の気持ちは微塵もなく、
ただ必死さだけが伝わってきます。
こちらのほうがドキュメンタリー映像には向いているのかもしれませんが、
コンサートに足を運ぶファンは、
メンバーたちが心からライブを楽しんでいる姿を見たいのであって、
忙しいテレビ出演の合間を縫ってコンサートを「開催してくれている」姿を見たいわけではない。
柏木の「やりきった」というコメントは、
実はメンバーたちが勝手に「消耗した」だけで、
西武ドームのファンには伝わっていなかったと思います。
SSAでは周到に準備をして、
メンバーもファンも楽しい本当のコンサートにしてもらいたいところです。
タイトルにGoogle+を絡めてきたということで、
ソーシャルメディアを利用した画期的なコンサートにしてくれることを期待します。

「峯岸みなみ」
被災地で女の子に花束を貰うエピソード。
あの時ステージから降りてあの子を抱きしめてあげれば良かったと言って涙する彼女の姿は、
最近の「テレビの芸能人」としての彼女とは違った、
心優しい一面が垣間見えたようで暖かい気持ちになりました。

「島田と大場」
メンバーの不祥事が次々と露呈した悪夢のような2011年の夏。
大場謹慎をどう描くかは監督の裁量に任されるが、
いささか大場にとって辛く編集されているのは否めない。
「あそこで私がふんばっていれば…」と素っ頓狂な発言をしたり、
どことなくヘラヘラしている大場が滑稽に描かれている一方で、
キャプテン不在チーム4を代行として必死に引っ張りながら、
ひとり悩み苦しむ島田がとても好意的に映し出されている。
最後の被災地の大場の必要性もよくわからず、
何も知らない一般人が見たらまぬけに見えてしまうかもしれない。
個人的には、
大場は研究生時代から高く評価していたし、
チーム4のキャプテンとして大場を強く推していた。
あんな事件があってからは、
むしろ島田を新キャプテンとしたほうがうまく回ると思っていたが、
大場のリハビリ期間を経てチーム4が成長してくれることを願うしかない。
彼女にとっては辛い試練の日々が続く。
このドキュメントが大場の回復を妨げなければいいのだが…。

「AKB48は誰のものか?」
結局、AKB48は初期メンの物語なのだ、という感想。
あとから入ってくるメンバーは脇役にしかならない。
わかりきったことだけれど。
レコ大でAKBの第一章は終わった感がある。

「レコ大」
渋谷駅前の電光掲示板に「レコード大賞はAKB48の『フライングゲット』」の文字。
ありきたりな演出だったが、そのチープさが良かった。

「ふざけたTシャツ」
大場謹慎のあたりでチーム4メンバーたちのレッスン着。
シリアスな場面でのふざけたTシャツに若干腹が立つ。特に竹内。

「米平騒動」
このドキュメント映画と並走するような形で発展し収束していった一事件。
映画よりもはるかにAKBの「裏側」を垣間見たというのはまったく皮肉な話で、
ネット上の写真流出から辞退発表、全握での涙のコメント、最後の握手会と、
おなじみのメンバーがわずか数日でAKBから去っていった。
奇妙なことに事件の当事者であった二人は、
ドキュメント本編にはまったくと言っていいほど映っていない。
AKBの主役たちが華々しく活躍する一方で、
脇役にされたメンバーたちがせっせと事件をこしらえる。
それもまたAKBのユニークな一面なのかと思った。
大場謹慎についての高橋の同情コメントがひどく虚しく聞こえた。

「板野」
澄まし顔で「つらいことには慣れてますから」と言ってのける板野。
知れば知るほど魅力を増すとは、まさに彼女のことだろう。
精神的なたくましさを身に着けつつあると感じた。
メンバーの中でも評価の高いうちのひとり。


以上。


コメントの投稿

非公開コメント

今日やっとこのレポを読むことができました。もっと早く読みたかったんですが、自分が映画を観てからこのレポを観たほうが楽しめるかなと思いまして‥

今日映画をみてきて、すぐにこのレポをみました。

楽しかったっす!またいろいろ書いてください!
プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。