スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】生誕祭~AKBアニメ化。

はい、お久しぶりです。

週末は生まれて初めてメンバーの生誕祭に関わりまして、
いろいろと収穫の多かった週末でした。
ヲタの世界に深く入っていくのはいろんな事情からすごく抵抗があったんですが、
とりあえず入ってから考えることにして今回は参加してきました。
生誕は3ヶ月前から準備が始まって、
個別にあわせて総会を開いたり、
各班ごとに活動したりとかなり組織化されている印象。
ぼくは参加がずいぶん送れてしまったんですが、
いちおうメッセージ班として活動しました。
生誕実行委員はAKB界隈のいちばんコアの部分に生息している人たちで、
最初はすごく人見知りで警戒心が強く、とっつきにくいですが、
現場にちゃんと顔を出していれば徐々に打ち解けてくれるかんじです。
生誕前の独特の緊張感と、
終わったあとの笑顔が一番の収穫です。

さて、
AKBがアニメ化するというニュース。

「エヴァ」の大月プロデューサーに
「マクロス」シリーズの河森監督、
シリーズ構成・脚本は「あの花」の岡田麿里
監督は「ARIA」「スケッチブック」の平池芳正
とものすごいスタッフ陣。
最初にアニメ化と聞いたときは「アイマス」のような少女戦闘モノにするのかと思ってたんですが、
スタッフを見る限り人間関係をしっかり描いたものになると思います。
恒例の学園ドラマと並行してロボットモノの戦闘シーンを挟んでくれるとありがたいんですが。
メンバーの歌で敵を倒すという例のパターンでも面白いと思います。

声優選抜。
キャラクターも9人もいるみたいなので、
演技力だけでなく声質に特徴のある子を選んでくるはずです。
声優ヲタから見て確実に入ってくるであろうメンバーは秦、亜美菜の二人。
AKBグループ内でも代替がきかない稀有な声質です。
あとのメンバーはそんなに差がないと思います。
仲川、高みな、市川、石田、島田、SKE中村、小木曽、平松あたりが健闘すると盛り上がりますね。
仲谷の声は残念ながらまったく琴線に触れてこないです。

事務所の利害関係なしにAKBらしく「ガチ」に実力だけで選んで欲しいものです。

個人的には男性声優陣にとても期待してます。
マクロスの流れから中村が出る可能性は高いですね。
神谷さん、檜山さん、杉田あたりが出るといっきにアニヲタ認知が広がる気がします。

「伝統的なアニメーションに最新のCG技術、アイドルたちのプロ魂を融合させて、
笑いあり、涙あり、歌あり、ダンスありの感動的な作品をお届けし、
世界中を元気にしたい」
との河森氏の発言なので大いに楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。