スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】「AKB選抜じゃんけん大会」について。

じゃんけん大会の結果については、
多くの方がブログに書いてますので割愛します。

今回のじゃんけん大会、予想以上に楽しいイベントになりました。
昨年の「ぐだぐだカラオケ大会」と並んで、
安心して楽しめる数すくないイベントです。

正直昨年の焼き回しといった感の否めなかった大会でしたが、
ふたを開ければ昨年よりもずっと楽しいイベントへと成長していました。

特に素晴らしかったのはメンバーの衣装。

市川のレモンに始まり、
秋元の女戦士、
倉持の小橋健太、
伊豆田のカッパ、
藤江のメイド服、
永尾のウエディングドレス、
野中のOL、
河西の男物Yシャツに枕、
横山の和服、
入山のナース服、
山内のゴルフ姿、
峯岸のカスペルスキー、
島田のテニス服、
仲俣のチアガール、
高城のアニマル服、
小林の風呂上り、
佐藤すみれのロリータ、
大家のバニーガールなど、

ざっと上げただけでもこれだけ多彩な衣装がそろいました。
昨年にくらべると公演の衣装が減り、
個々のキャラクターに合わせた衣装が増えたように思います。
じゃんけん以外でもファンを楽しませようとする意気込みがとても素晴らしかったです。
十期生のレモン、カッパは好評価。
秋元、倉持、小林、河西もとてもがんばったと思います。
峯岸のカスペルスキーはさすがというか、特に秀逸でした。
メンバーが登場するだけで、昨年以上に会場が大きく盛り上がりました。

「じゃんけん大会」ということで、
やたらと「じゃんけん」ばかりがクローズアップされてますが、
このイベントの骨子はそこじゃないと思います。

メンバーが思い思いの服装に身を包んで、
一喜一憂する姿を見てメンバーもファンも楽しむ。
これが今回のイベントの眼目でしょう。

じゃんけん自体はそれなりに楽しいものですが、
今回はそれ以上にファンにイベントを楽しんでもらおうという、
メンバーたちの気持ちが見えてよかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

ナイス着眼点!

そーですよね、じゃんけんの奥にある優しさと高揚感が祭りの肝ですよね♪(´ε` )

はじめまして

この1カ月で急激にAKBの魅力にはまった超新規ファンです。
(きっかけは、a-nationでの生観戦です。)

Mixについて調べてたら、このページに辿り着き
その他のコラムも楽しく読ませて頂いたので記念カキコです。

まず、じゃんけん大会。
a-nationはいわばアウェイなので、ホームイベントとしては初参戦でした。
結論から言うと、非常に楽しむことができ、原点でもある劇場公演や
握手会など他のイベントにも是非とも参加してみたいと思いました。
理由としては、やはりメンバーそれぞれのファンを楽しませようという
気持ちをはっきりと感じることが出来たからだと思います。

じゃんけん大会とは言え、じゃんけん自体は目的では無く手段の1つ。
当然、24thシングルの選抜の手段であることに変わりないが、
(選抜に入る手段としての重みは各メンバー異なるでしょうが)
そもそもじゃんけん選抜に入る事自体がファンを楽しませる手段の1つ
と考えてるメンバーが多くいたのが成功の秘訣だった気がします。
その表れの1つとしての衣装ではないかと。


あと、第3回選抜総選挙について。
MVPに渡辺麻友と梅田彩佳を挙げてますが、同意見です。
とは言え、選挙以前も含めYouTubeで過去の映像等を観ての意見ですが。。。

No1を目指していた去年までと違い
Only1としての自分自身を認めてくれる多くのファンがいることに気付き
揺るぎない確信を得たであろう、まゆゆ。
一方、我を通すだけではファンはついて来てくれないことを知らされた
第一回目から、ファンを意識するよう心がけた結果、徐々に順位が上がり
心からのガッツポーズを披露してくれた、梅ちゃん。

じゃんけん大会でも、ある意味サバサバし、
大会そのものを楽しんでいたまゆゆと
ファンへの恩返しの為に絶対に選抜入りするんだと
気合いの入っていたであろう梅ちゃん。
それぞれがとても魅力的に思えました。


周囲にここまで熱くAKBを語る相手がいない為
長々と書いてしまいました。スイマセン。。。
少数派かもしれませんが、新規でこんなファンも出て来たんだと
今後のコラムの参考にしていただければ幸いです。

AKBについての修論期待しています。

No title

>やがみらさま

ありがとうございます!
子供でも安心して楽しめる優しいイベントだったと思います。


>Chihiroさま

コメありがとうございます。
一般の方が何かのきっかけにAKBに興味をもって次第に詳しくなっていく、
その過程を見るのはとても楽しいし、うれしいものです。
ファンの中には古参至上主義のような人もたくさんいますが、
新規ファンの意見は個人的にとても興味がありますし、
充分参考にさせていただきます。
過去の記事まで読んでくださってありがとうございます。

総選挙はどちらかというとファンがメンバーのためにがんばるイベントでしたが、
じゃんけん大会はメンバーがファンを楽しませようと工夫している姿がとても印象的でした。
総選挙では梅田さんしかしていなかった全力ガッツポーズが、
今回はいたるところで見られたのが素晴らしかったです。
メンバーが心から楽しんでいる姿は、やはり良いものだと思いました。

No title

『メンバーが心から楽しんでいる姿』

a-nationで感じたAKBの一番の魅力はまさにこれでした。
いつもとは違う舞台に戸惑いや不安を抱きながらも
まずは自らが楽しもうとしてた姿が、自分のような
AKB以外が目的だった人たちの心にも届いたんだと思います。

もともと色々な音楽が好きで、様々なアーティストのLIVEを
観てきているので、すんなり受け入れられたのかも知れませんが。

ただ、今まで観てきたLIVEではアーティストと一緒に歌うのが常でした。
a-nationでのAKBも周り客も含め一緒に歌ってました。
(ヘビロテのサビのみ、合いの手でした。)

しかし、今回のじゃんけん後のLIVEでは、
周りのファンの人たちが一緒に歌うのではなく
いわゆる“MIXを打っ”ていたことにビックリし、
色々調べてみたというわけです。

余談ですが、MIXも楽しむ為の目的ではなく
手段としてなら全然ありだと思います。
プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。