スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】フラゲ握手会での出来事と萌乃について。

先日のフラゲ幕張個別握手会について、
秋元才加のブログでいろいろと握手会自体について言及がありました。

握手会のマナーなんかについてはまたエントリーを分けるとして、
ひとつ目に付いた文章があります。


耳や体が不自由な方も前より沢山来てくれて、心を通わせてくれる。皆が不安の無いそんな握手会にしたいです。
同性愛者も性同一性の方ももっと沢山話したいよ?
恥ずかしい事じゃない。

ファンの皆さんに笑顔になって欲しいっていつも思っています。
生の声を聞きたいって思ってます。
これからも私達を支えて下さい。



今回のフラゲ握手会では特に、
車椅子で来場しているファンの方がたくさんいました。
最近の握手会には本当に女性、子供が増えましたが、
社会的なハンディを背負っている人たちまでが、
こうしてAKBの握手会のために足を運んで来てくれている。
これは本当に嬉しいことです。

さらにメンバーがこうして、
社会的マイノリティーの立場に置かれているファンにまでちゃんと気を配っている。
こうしてブログなどで言及することで、
彼らが握手会に気軽に来れるような環境づくりをしている。
メンバーたちが人間としても成長していると感じる瞬間です。

「自分なんかが行って大丈夫だろうか?」

という不安を抱えて躊躇してしまう方も多いはずです。
健常者ばかりのコミュニティに、
社会的ハンデを抱えた人々が入っていくのはとても勇気がいることです。
たくさんの壁を乗り越えて握手会場まで足を運んでくれているんだと思います。
性同一性障害を抱えた方、
身体的なハンデを負っている方までが、
AKBメンバーと直接ふれあって会話することでそこに希望を見出してくれるなら、
こんなに光栄なことはありません。

握手会についていろいろ言われてますが、
AKBが成長していく過程で、
たくさんの人が握手会に気軽に来られるように、
ハードルを徐々に下げていったことの功績は大きいと思います。

さて、
なんでこんな文章を書いたかというと、
先日のフラゲ握手会で、
仁藤萌乃のエピソードがネットで話題になっていたからです。


性同一性障害を抱える大阪府のとある男性が、
ネット掲示板に書き込んだ内容です。



昨日大阪から遠征しました。
自分は性同一性障害でそれでしんどくなっちゃって
大学もやめて引きこもり状態になってたんやけど
どうしても萌乃ちゃんに会いたくて
今回25枚持って幕張まで一人で遠征。

ずっと会いたかったけど
どう思われるかとかが不安で…

手紙は2通だけ送ってて初めの1通に
「会いにいきたいけど性同一性障害でどう思われるか不安やし人混みが怖い」
的なことを書いた。

フラゲで行くことが決まって
11日に会いにいきますって
ブログと手紙で報告。

いざ幕張つくとすごい人。
その時点で過呼吸になりそうやった。笑

で、いざ萌乃ちゃんレーンへ。

「引きこもってたんですけど萌乃ちゃんに会うために大阪から来ました」
って言ったらじーっとしばらく顔見て
「〇〇くん?」
って名前で呼んでくれました。
(本名が男女どちらでもいける名前なんです)
そうですって答えたら
「会いたかった。勇気出してくれたんだよね?ありがとう」
って言ってくれました。

最後は
「ちょっとずつね。ゆっくりでいいから表に出よう。
私きっかけで今日こうやって遠くから来てくれたんなら
もっと会いたいって思ってもらえるように
私も頑張るから。」
って言ってくれました。
(ちょっと言葉は違うかもやけど内容はこんな感じ)


萌乃ちゃんの優しさに触れた1日でした。
いろんな言葉をもらえました。
萌乃ちゃんのおかげで前向きに頑張れそうです。

萌乃ちゃん推しのみなさん!
これからも一緒に応援していきましょう(*^^*)

長々とすいませんでした。

http://2chdays.net/read/akb/1315234730.html

すごくいいエピソードだと思いました。
ぼくの推しメンではないんですが、
なにかとこのブログで取り上げることの多い萌乃です。
だんだんAKBがアイドルから聖女に近づいているのではないかと錯覚してしまうような、
そんなエピソードです。


ハードルが下がったとはいえ、
まだまだ一般人が気軽に参加できるとは言いがたい握手会。
もっと入口近くにインフォメーションを設定して、
新規のサポートをするためのスタッフを配備するべきだと感じます。
まだ少ないかもしれないけど、
中国や韓国などから来てくれているファンのために、
語学ができるスタッフを置いておくのもいいでしょう。
認知厨もいいんですが、
ほんとうにAKBを必要としてくれているファンのための握手会にしたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。