スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】トガブロ~香港

10日ほど中国にいってきます。
広州から香港へ。

出発前にトガブロの感想だけざっくりと書いておきます。


森大場の処遇問題がトガブロで言及されました。http://ameblo.jp/akihabara48/day5-20110821.html#main
今回の争点は2つあって、
ひとつは過去の情報流出(主に恋愛問題)が現在のメンバーに及ぼす影響。
もうひとつはAKB加入後の恋愛問題について。

トガブロではこの前者について明確な答えを出してます。
彼女たちの「過去」については犯罪行為を除いて不問にする。

これは正しい判断だと思いました。
AKBが駆け出しのアイドルグループであれば、
たとえ過去のものであろうとイメージを大きく損なう発言やプリクラ流出などは致命的ですが、
現在のAkBの現状を考えればメンバーを解雇することのリスクのほうが高くなります。
さらに知名度が全国的になるにつれて情報流出の可能性もますます高くなるので、
旧来の制度だとつぎつぎにメンバーを解雇していかなければならなくなります。

よって「過去については不問」というのは現時点のAKBでは正しい判断です。
年頃の女の子だから彼氏くらいいたでしょうし一緒にプリクラも撮ります。
それが流出すれば当然イメージは落ちるしファンはごっそりと離れるものの、
AKBとして解雇する理由にはなりません。

公式発表の前に戸賀崎さん自らがこの点を明確にしたことで、
過去のあら捜しをしてメンバーだけでなくAKBを貶めようとする不遜の輩に、
「そんなことやっても無駄だよ」と宣言しているようにも見えます。
運営が明確に「過去は不問」と発表してしまうのは勇気のいることですが、
それによって被害を多少は抑えることができたと思います。

ただし、

「過去については不問」は納得できるとしても、
それがAKB加入後の話であれば話はまるで違います。

あるメンバーがAKBとして活動を続けながらこっそっり彼氏と付き合っていた。
これをどう処分するかが今回の最大の焦点になります。
島田玲奈の件はNMB運営がこの点を曖昧にしたことでファンからの信頼を失い、さらに怒りを買いました。
全国ツアーの真っ最中なので決断は先送りになるようですが、
AKBとファンとの信頼にかかわる大きな問題なので、
慎重に判断していただきたいところです。


感想としては以上。



むこうはツイッターも使えないみたいなんで、
ブログで何か書けそうだったら書いてみます。

香港のAKBショップもいけたら行こうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

武道館での島田玲奈はどうなっちゃうのでしょう

No title

しかし、大場の方は飲酒(えんこうまがい?)な
事も日記に書いており、これは厳重な指導をお願いしたい
とこですね。
でもこういう事を知ってしまったら、そういう目で見てしまいますよね・・・

長文すいません

 今回の 一連の流出騒動で感じたことは、メンバーの情報リテラシーの低さです。メンバーのプライベートな情報は、AKB48(あるいはその関連グループ)に対してよい感情を抱いていない者にとって、AKB48を攻撃するための格好の材料になりますし、たとえAKB48のファンであっても自分の推しメンを上にあげるために利用できるものです。そう考えれば、島田さんの件以前においてはこの程度の流出ですんでいたととらえることもできます。
 なぜこの程度ですんでいたかといえば、AKB48の存在が去年の総選挙が行われる前までは、それほど影響力を持っていなかったこと、そしてAKB48のファンが運営に対して、いろいろ不満はあれど一定の信頼をおくことができたことの2つがあると思います。
 しかし、島田さんの件によってその信頼が大きく揺らいでしまったのではないでしょうか(島田さんの件については、もちろんNMB48の運営が対応していますが、当然AKB48の運営とも緊密に協議をしているだろうし、戸賀崎さんのtwitterでもNMB48運営の対応を支持している。)。ただし、去年の総選挙前後からファンになったような、ライトな人はそもそも島田さんの件について知らない人もけっこういるだろうし、たとえ知っていたとしても運営の対応について特に何も思わないという人も多いでしょう。
 しかし、ライトなファンはファン熱が冷めるのも早いです。今後3年間で主要メンバーの多くが卒業すると思われますが、それと同時にライトなファンは去るでしょう。AKB48と関連グループのプロジェクトは、これからますます縮小していく芸能界においてとても有望なものであり、運営も今後10年間は続けていくと考えているでしょう。そうであるならば、一定レベル以上のファンが島田さんの件の対応についてどのように思っているのか、真剣に考えてほしいと思います。
 
プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。