スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポ】AKBコンサート@西武ドーム 二日目

昨日同様メモリストさんから転記させていただきます。
http://akb48.blog48.fc2.com/blog-entry-5125.html

◆M00.オーバーチュアー
◆M01.Flower (前田敦子)
◆M02.Dear J (板野友美)
◆M03.ふいに (板野友美)
◆M04.唇 触れず・・・ (ノースリーブス)
◆M05.Cry (DiVA)
◆M06.へたっぴウィンク (渡り廊下走り隊7)
◆M07.カッコ悪い I love you ! (フレンチ・キス)
◆M08.週末Not yet (Not yet)
◆M09.波乗りかき氷 (Not yet)

■MC1

◆M10.恋愛サーカス (チームB)
◆M11.チームB推し (チームB)
◆M12.みなさんもご一緒に (チームB)
◆M13.彼女になれますか? (チームK)
◆M14.僕にできること (チームK)
◆M15.転がる石になれ (チームK)
◆M16.AKB参上 ! (チームA)
◆M17.摩天楼の距離 (チームA)
◆M18.Overtake (チームA)

■MC2

◆M19.バンザイVenus (SKE48)
◆M20.パレオはエメラルド (SKE48選抜メンバー)
◆M21.1!2!3!4! ヨロシク! (SKE48)

■MC3

◆M22.絶滅黒髪少女 (NMB48)
◆M23.青春のラップタイム (NMB48)

■MC4

◆M24MIN・MIN・MIN (SDN48)

■MC5

◆M25.野菜占い (野菜シスターズ)
◆M26.僕の太陽 (チーム4&研究生)
◆M27.会いたかった (チーム4&研究生)

■MC6

◆M28.Everyday、カチューシャ (21st選抜メンバー)
◆M29.これからWonderland
◆M30.夕陽を見ているか?
◆M31.BINGO ! (チーム4&研究生)
◆M32.涙サプライズ!
◆M33.RIVER
◆M34.Beginner
◆M35.10年桜
◆M36.言い訳Maybe
◆M37.ポニーテールとシュシュ
◆M38.ヘビーローテーション

■MC7

■VTR (フライングゲットPV予告編)

◆M39.フライングゲット (22nd選抜メンバー)

以下、アンコール

■MC8 (マジすか学園)

◆EN1.ヤンキーソウル
◆EN2.青春と気づかないまま
◆EN3.マジジョテッペンブルース
◆EN4.マジスカロックンロール

■MC9

◆EN5.抱きしめちゃいけない (22ndアンダーガールズ)

■MC10

◆EN6.少女たちよ



西武ドームコンサート二日目。

すばらしい内容でした。

セットリスト、メンバーMC、パフォーマンスと、
文句のつけようがないです。

最初に前田敦子が出たときは、
「また選抜総選挙順に12曲やるのか」
と先が読めて少し落胆しかけたが、
そこから板野「Dear J」「ふいに」
そしてノースリーブス、DiVA、渡り廊下、フレキス、Not yetと
派生ユニットが畳み込むように楽曲披露。
つづいて各チームごとに代表曲を3曲ずつ。
バランスのとれたすばらしい曲編成。
中でも「B推し」「転がる石」「AKB参上」は欠かせない三曲。
そして、このチーム曲があってはじめて中盤のSKE,NMB,SDNの流れが生きてくる。
昨日とおなじリストなのに出来栄えは今日のほうがずっとよかった。
シングルメドレーも「会いたかった」や「夕陽を見ているか?」など
きちんと定石を踏まえたリスト。
昨日の「RIVER」前の意味不明なパフォーマンスもなく流れを切らない心地よいメドレー。
アンコールの「まじスカ」もラストの「少女たちよ」も非常に良かった。


今日は印象にのこるMCがたくさんあったため楽曲が少ないと思ったら、
実は45曲も披露していた。
SKEが出てくる時点で昨日よりも4曲も多かったが、
長さを感じさせないテンポのよい演出だった。

メンバーブログを見るかぎり、
昨日の問題点をメンバー間で話し合って改善したというが、
MCも上出来だった。
特にメンバーが観客席のウェーブを促すところなど、会場内の一体感を感じることもできた。
パフォーマンスでも昨日より花道が有効につかわれていたし、
ステージも端から端までメンバーがひろく散らばっていた。
「夕陽を見ているか?」のときの演出もすばらしかった。

はたして同じコンサートが一晩のうちにこれだけ変わるかというくらい、
昨日と今日ではまったく別のコンサートだった。
単純に昨日のセットリストが失敗だったというだけではない。
もしもメンバーが自発的にかかわることで今日のコンサートを成功に導いたのだとしたら、
それこそがまさにメンバーの「成長」の瞬間で、
ファンはその時間を一緒に共有したということになる。
だから昨日のコンサートを踏まえた上で、今日の公演はとてもすばらしいものだった。

いったい昨日の夜になにがあったのか?
それは追って発売されるDVDのメイキング映像で堪能することにしよう。
スタッフもきちんと映像に収めているはずだから。

さて、
サプライズ。

チーム4のキャプテンはずっと大場だと思っていたので予想どおり。
まわりは島田コールをしてる人が多かった。
研究生公演のMCを見てるかぎりではキャプテンに向いているのは島田か大場だが、
ぼくはずっと大場を評価していた。
年長だし、頭の回転も速い。
なによりも他チームのキャプテンが持っていない雰囲気があるから、
新生チームとしての成長が期待できる。
島田は性格はいいのだがチームK的なノリが強すぎる。
あと、個人的に時々言葉づかいが悪いのがずっと気になっていた。
礼節や品の部分で大場のようがキャプテンとしてよりふさわしいと思っていた。

昇格メンバーは阿部、入山。
阿部はずっと応援していたのでうれしかった。
10期生は阿部以外横一線だと思っていたので、
パフォーマンス的に藤田かと思ったがまだ至らなかった。
メンバーが加わって少しずつチーム4の輪郭が見えてこようとしている。
幸せなサプライズで、
みなが喜びを共有できるのはすばらしいと思った。

最後にあっちゃんについて。
シングルメドレーの中盤あたりからだんだん表情が険しくなって、
後半はもう満身創痍というか、まともに踊れるようには見えなかった。
いったんダウンしたものの最後にもういちどステージに。
その姿には感動のようなものさえ覚えてしまう。

アンコールMCであっちゃんを少しでも休ませようと、
メンバーたちが上手くMCをまわしている姿が印象的だった。


今日はとてもすばらしかった。

明日にも期待です。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。