スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】ガチ恋とこじはるおじさん

けっこう前に発売された『48現象』(ワニブックス 2007)

古参ヲタさんのインタビューがたくさんあってAKB本のなかでも好きなものの一冊。
現場でまだお見かけしたことのない伝説の「こじはるおじさん」のページもしっかり設けられている。

こうして比べてみるとやっぱり数年でファン層がずいぶん変わったという印象。
単純にファン層が若くなっただけじゃなくて、
AKBメンバーへの「関わり方」もだいぶ変化した。


陽菜ちゃんは、おじさんの生きがい。陽菜ちゃんに出会ってから、毎日が楽しい。バラ色の人生になった。遠くから見ているだけで幸せ。もっと仲よくなりたいとか、近づきたいとかあまり思わない。そういうのはプレアイドルの現場でさんざんあったけど、そんなに楽しくなかった。遠くから憧れる感じがあって、でも声をかけたら答えてくれて……。今のこの感じが、いちばん幸せなんです。(こじはるおじさん)


(ヲタなのは)楽しいからですかね。公演だけじゃなくて、前後で友達とバカ話したり、普通の生活してて、自分の父親くらいの年の人と友達になったりしないじゃないですか。……あと、この現場は特にだけど……応援することでそのコの人生に関わっちゃう気がするんですよね。短い間かもしれないけど、関わったことで何かの影響があるかもしれない。それが、ほかの普通の趣味とは違うところだと思うんです。(まえっちさん)


私自身は、個人的に仲よくなりたいって欲求があまりないんですよね。(中略)男の人ってやっぱり"俺がなんとかしてあげなきゃ!"って気持ちが強いと思うんですよ。しかもここはすごくそういう気持ちを助長させる現場だし……。でも私は自分が同性で年上だからなのか、年季の入ったヲタだからなのかわからないんですけど、けっこう醒めてるんですよね。私はしょせんヲタだから、仲よくなったところで、あのコたちにしてげられることは少ないと思う。(YUKAさん)


この前の握手会でヲタの方とずっと話をしていて、
最近のヲタには「ガチ恋」が増えているじゃないかという鋭い指摘をもらった。
アイドルに対する距離感というか、
虚構を虚構として楽しむというスタンスというか、
そういうものを全部すっとばして、
単純に同年代のメンバーを好きになってしまう感覚。
ようするにメンバーへの関わり方が「恋愛感情」に近くなっているんじゃないか。

たとえば仮に、僕が12期生の高橋朱里のことを気にかけていて、握手会をきっかけに
「この子はすごい!この子を推していく!」と心に決めたとしても、
それは恋愛感情ではなくて、もっと別の感情、
AKBの中で成長していく姿を見たい、とか、
彼女の人生になにかしら関わりたいという欲求とか、
さらには自分が持ってないものへの「憧れ」の感情とか、
そんな漠然とした「応援したい」という気持ちが芽生えている。
それは、
「この子とつき合いたい!」という感情とはちょっとちがう。
それこそ「こじはるおじさん」のように、
遠くから見ているだけで幸せというヲタもいるし、
実際に「接触」やメンバーとの会話を好まないファンも多い。

しかし、
ファンの年齢層がしだいに下がっていき、
一方でメンバーの年齢層がしだいに上がっていくなかで、
互いの距離がさらに接近したことで、
ここに「恋愛感情」が育まれる余地ができたことは想像に難くない。
でもそれはアイドルの現場でだけ見ることのできるある種の錯覚だし、
世に数ある「美しい夢」のうちの一つなのだ。

でもまあ今の子は、そんな難しいこと考えずに、
アイドルだからどうかよりも、
単純に好きになったから応援してるんだし、
興味をなくしたら推し変するんだし、
それでかまったくまわないんだと思う。

「なんで応援してるのか?」というのは、
自分が聞かれてもよくわからない。
「応援したいから」というのが正直なところ。


さいごに女性ヲタYUKAさんのコメント抜粋。

ここって、ファンは、応援して育てる!メンバーは、頑張って夢をつかむ!!って感じじゃないですか。すごいそれを強調するでしょ、でもね、別に青春時代の思い出づくりでやってるコがいてもいいと思うんですよ。これだけいろいろアイドルを見てくると、芸能界で夢をつかめるのはほんの一握りだって、実感としてわかってるんですよね。(YUKAさん)


これはぼくもずっと感じているところ。
YUKAさんの「青春時代の思い出づくり」という発想がすごく新鮮だった。

メンバーの語る夢にどうして
「結婚して子育てしたい」とか
「幸せな家庭を築きたい」とかいうのがないのだろう?

唯一そういうコメントを聞けたメンバーは仁藤萌乃だった。

けっこう前のブログにも書いたけど、
これはまた改めて書きたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

この考察、 面白いですね。
『48現象』、高いんで見送ってたんですけど、欲しくなってきました。

値段が高いだけのことはありそうですね(^-^)/

Re: タイトルなし

荒川さん

ありがとうございます( ^ ω ^ )ノ

たしかにちょっと高いですがw
2007年時点でよく調べてあって面白いですよ。
ぼくは中野のTRIOで購入しました。

メンバーのサイン入り本がけっこう良い値で出回ってるみたいです。




> この考察、 面白いですね。
> 『48現象』、高いんで見送ってたんですけど、欲しくなってきました。
>
> 値段が高いだけのことはありそうですね(^-^)/
プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。