スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【電影】『ミツバチの羽音と地球の回転』

鎌仲ひとみ監督のドキュメント映画『ミツバチの羽音と地球の回転』
http://888earth.net/index.html

山口県祝島(いわいしま)の原発建設計画に28年ものあいだ反対しつづけている住民たちを追ったドキュメントで、
今年3月の大震災以来注目を集めている映画。
ユーロスペースでやっていたのを見逃してしまったのだが、
たまたま一橋大学の兼松講堂で上映していた。
しかも500円。

日本の電力会社が電力を独占していて消費者に選択権がない、
という非常に根本的な問題を取り上げているのは好感がもてた。
日本のテレビ局、電力会社、携帯会社などは実質的に独占/寡占状態にあって、
新規参入できないという弊害がある。
いいところを突いていると思った。

映像もところどころ美しいし、
住民の飾らないことばも楽しいものとなっている。
しかし、その一方で、
あからさまに「原子力発電会社=悪」「素朴な島の住民=善」という構図を描きすぎていて、
まるでプロパガンダ映画のようだった。
Youtubeなどで喋っている姿を見るかぎり監督もかなり感情的な女性のようで、
電力会社への「怒り」を具現化するために、
都合のよい情報を集めてきているような印象も抱いた。
特にスウェーデンを手放しで賞賛しているのも気になる。
日本の教育研究者でもフィンランドの教育を大絶賛する人がいるけど、
こういう思想ありきのドキュメントをみるときにはけっこう注意していないと簡単にだまされる。
電力会社に怒りたくなるのもわかるのだが、
以前ブログにも書いた『いのちのたべかた』のように、
余計なナレーションを一切入れず、感情を誘導するようなBGMもなく、
ただ淡々と解体されていく牛を映していくようなドキュメントと対極にあると感じた。

あと、やたらと「多様性」を賞賛するのも胡散臭いと思った。

「どうして自然の多様性を守る必要があるのか?」
という鋭い質問に対して、
スウェーデンのエコエネルギー会社の人が
「人間が生きのびるため」
と答えていたのが印象的だった。

つっこみどころの多いドキュメントだが、
それでも、
祝島のお祭りのシーンはとても美しいし、
原発反対の先頭にたつ青年の姿は涙をさそうものだった。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。