スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海

上海から久々のブログ更新です。

早いもので修論執筆から10ヶ月近く経とうとしています。
ネットにアップしたところいろんな方から反響を頂きまして、
改めて東大でこの論文を執筆できてよかったと思ってます。
手前味噌かもしれませんが、
現代「アイドル」をジェンダー論的な視点から考察し整理した最初の論文になったと思います。
まあ、正式な手順を踏んだ学術論文ではなく、
いち学生の手による修士論文ですのでそれ以上のものは求められません。
書籍にでもなれば別ですが。
いずれにしても、
これまで納得のいくアイドル論がなかった中で、
自分の手でこうした論文を執筆できたことは非常に喜ばしく思っています。

皮肉なことに、
論文を提出したことでようやく現場に復帰する時間ができまして、
2012年前期はこれまで以上に多様なアイドルの現場を眼にすることができました。
チームH発足前のHKT48やLinQの現場に友人たちと博多まで足を運んだりと、
充実したオタ活になりました。

学術論文にはなによりも客観性が求められますので、
私自身の推しメンや特定のグループへの主観的な言及は避けてきましたが、
プライベートではそうした遠慮もなく、
興味のある現場に思う存分通うことができました。
しず風&絆、BiS、さくら学院といった魅力的なアイドルを堪能し、
さらにはこれまでなかなか機会がなかったハロプロ現場も味わうことができました。

さて、その一方でAKB48グループへの失望や落胆が非常に大きくなりまして、
もはやファンであることが難しい状態になりました。
メンバーを嫌いになったわけでも見捨てたわけでもありませんが、
はたして今のAKBが応援するに価値のあるアイドルなのか?
いろいろとアイドル現場を回っていくなかで、
ほんとうに「正しいもの」とは何かを考えるようになりました。
まさに論文でも触れたように、
私もまた他の多くのアイドルオタのように古い現場を完全に離れ、
新たな現場へと回遊することに決めたのです。
もっともコンサートチケットすら取ることができず、
かなり以前から現場からは遠のいていたのですが。

ファンではなくなりましたが現代アイドルのひとつの重要な到達点として、
これからも冷静な視線で追い続けていくつもりです。
そのうちAKBの現状についても書きたいことろです。

論文では他のアイドルについて論じることもあまりできなかったので、
そちらもいずれまたまとまった文章にしたいところです。
やはりまずはももクロでしょうか。
ずっと書けませでしたが、わたくし桃オタです。

さてさて、そうは言いましても、
私8月から上海に暮らしておりましてしばらく日本の土は踏むことができません。
すべてのアイドル現場から完全に遠のいてしまっているというのが現状です。
帰国する時期にあわせて現場に足を運びたいと思います。

来春発足するというSNH48を見に行く機会があれば、
また更新しようと思います。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。