スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポ】13期研究生『RESET』公演 2012・4・29

13期生『RESET』公演2012・4・29の13期生公演。

2月「風吹き」全握でのムチャ振り企画から3ヶ月足らず。

【レポ】「全握13期ムチャ振り企画」
http://tokyo48.blog.fc2.com/blog-entry-183.html


ようやく劇場で見ることができた。

明らかに12期以前の研究生とは待遇の異なる13期生。
それは最後に挨拶をした岡田の「13期には、いまチャンスの波が来ている」という言葉にもよく表れている。
寡黙努力しながらじっと機を伺っているような「チャンスの順番」というAKBお決まりのフレーズではなく、
千載一遇の「波」を感じ取って、それに全力で乗っていこうという気概が感じられた。
「その中でも私がいちばん目立って行きたい」という岡田の言葉には、強い意思があった。

公演だが、
当然ながらチームKの『RESET』とは完全に別物である。
全体曲では、冒頭からスローモーションのように動きが遅くキレがないような印象を受けた。
振り付けもところどころバラバラで、公演としての完成度は低い。
さらに曲によって表情を自在に変えるだけの表現力がまったく身についていない。
現在のHKT劇場公演が1000円であることを考えれば、
この公演に対して2000円は理不尽であろう。

しかしそれでも、
『RESET』という非常に難しいセットリストを、
駆け出しの研究生が食らい突くようにして踊っているのを見ることができるのは、
まったくファン劇場冥利に尽きるというものだ。

ぼくは古参ではないので三期生までの初期公演を見たことはまったくないのだが、
HKT劇場で感じたような「クラス感」を強く感じることができた。
ステージに立つ16人全員が同期生であることで、
13期生がまとまった一つのクラスのように機能している。
これは昨今の研究生には見られなかった状態で、
その理由はもちろん研究生メンバーが「クラス」を形成するほどの数に満たなかったからだ。
例外的に8期生のパージされた以降の9期生にだけ、
わずかに「クラス感」を感じることができたが、
横山の単独昇格、森の辞退で大きくこれが崩れた。
12期生もチーム4への昇格組によって二つに分断されてしまった。
3期生以降AKBに「クラス感」が育ちにくかった原因は、
研究生がいつまでも正規メンバーの穴埋め要員としての待遇しか受けなかったからだ。
せっかく育ちはじめていた同期の絆ともいうべき「クラス感」が、
正規メンバーの補充という口実の元にあっさりと崩されてしてしまう。
チーム4には12期生の田野岩田高橋ではなく残りの10期11期生を入れるべきだったと強くおもう。

しかし今日の公演やMCを見るかぎりでは、
13期生たちはかつてのオリメンのような、
もしくはHKTなど新グループの一期生のような、
同期生のつながりを感じることができた。

積極的に、誰にも遠慮することなくのびのびとMCを回し、
岩立、茂木、光宗、大島など複数のメンバーが会話をつないでいく。
まるでクラスメイトのように生き生きと話している。
そこには13期生というひとつのまとまったチームの姿を見ることができた。

今後の展開がどうなっていくのか非常に興味深いが、
13期生が他チームの「穴埋め要員」ではなく、
このままひとつの単体チームとして成長していけば理想だと感じた。
ムチャ振り企画やリバイバルのA5th公演など、
確かに13期生には新しいチャンスの波が来ている。
「新生チームA」のようなサプライズがあれば楽しいのだが。

さて、
肝心の今日の公演の感想を最後に。

衝撃を受けたのは「ウッホウッホホ」で秋元ポジに入った茂木。
秋元以外で本気でゴリラになれる子をはじめて見た。
同アンダーだった阿部にはこんな本気のゴリラはできない。
一見すると美少女かと思いきや、
見まごう事なき本物のゴリラの姿がそこにはあった。

全体曲はいまいちだったが、
ユニットはどれもよかった。
噂どおり相笠は目に付く。

優子ポジの大島は14歳。
なんと優子の10歳下だという。

潔癖症でペットボトルの回しのみもできない相笠は、
大量のオタとの握手会をどうこなすのか興味深かった。
卒倒するんじゃないだろうか。

自己紹介MCではまだキャッチフレーズがなく、
いまいち記憶に残らない子もいた。
メディア露出などがない分、
時間の限られたMCだけでは個々人の性格がつかみにくいと感じた。
しかし、
これまでの研究生にはなかった魅力が、
確かに13期生にはある。

定期的に彼女たちの成長を目撃するためにも、
この時期に13期生の『RESET』公演を見ておくことをお勧めしたい。
スポンサーサイト
プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。