スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ももクロ】『モーレツ☆大航海ツアー2012』@新木場 2・25

2月25日『モーレツ☆大航海ツアー2012』@新木場STUDIOCOAST

セットリスト

モーレツPV
全力少女
D'の純粋
天手力男
ピンキージョーンズ
猛烈宇宙交響曲第七楽章〜無限の愛
労働讃歌
ももいろパンチ→Z伝説
LOST CHILD
CONTRADICTION
白い風
ココ★ナツ
BIONIC CHERRY
ワニとシャンプー
キミノアト
Chai Maxx
走れ!
行くぜっ!怪盗少女
ももクロのニッポン万歳!

〔アンコール〕
Words of the mind
オレンジノート
コノウタ



以下雑感

グッズが充実

ももクロの場合シングル楽曲は言わずもがな、
ツアーごとにコンセプトが明確なのでグッズ展開がとても魅力的。
今回の「モーレツ大航海ツアー」では、
新曲も「猛烈宇宙交響曲第七楽章〜無限の愛」ということで、
宇宙航海を思わせるTシャツや、海賊をモチーフにしたドクロ柄タオルなどデザイン性に富んでいてかっこいい。
グッズはももクロの大きな魅力のひとつ。
その一方で、
メンバー個々の写真入りグッズはとても少ない。
イメージカラーごとの半被やTシャツなどが充実しているとは対照的。
AKBの場合はグッズはとても貧相なのだが、
クリアファイルや推しタオル、推しうちわなどメンバーのキャラクターを前面に押し出したグッズが充実していると感じた。

アイドルのライブ

ファンがすごく統制されている。
「よく調教されている」といってもいいが、
曲ごとの細かいコールまでよく覚えている。
前日に予習しておいたのでとても楽しめた。
とても不思議な感覚なのだが、
ももクロライブは熱気のなかに「和やかな雰囲気」を感じる。
メンバーのMCも仲良く楽しげで、
それがそのままファン同士の連帯に影響しているように見えた。

5人とも高い歌唱力をもっているが、
パフォーマンスが激しすぎてまともに歌えないのを無理やり声にしようとする。
その肉体の臨界点でのせめぎ合いは、とても心を打つものがある。
アイドルとは実にこうあるべきだと感じる。

古参オタと新規ファンの比率もほどよく、
アイドルファンもきちんと育っているという印象をもった。
ファン層は大学生から成人の男性がほとんど。
以外にも女性ファンが多い印象だった。

中高生に(まだ)荒らされていないアイドルライブの魅力というのを実感できた。
ももクロの「いちばん面白い時期」は2011年に過ぎたと思っていたが、
今年もさらに楽しませてくれるだろうという期待を抱かせる良いライブだった。
プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。