スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】君が許すまで殴るのをやめない。

http://nmb48.com/fukkitouhyou/

NMB48運営の発表。
謹慎中の島田、松田両名が「復帰のためのレッスンに入っていいかどうか」を、
ファンの投票によって決めようというもの。
復帰投票は過半数を超えるまで何度でも行うということ。

今年いっぱいの謹慎を公言していたのだから、
その通り来年から復帰してくればいいと思うのだが。
「そろそろレッスンをはじめていいでしょうか?」
なんて、わざわざファンに問う必要はない。

どうして謹慎したのか、その理由も明白にされていないのだから、
彼女たちの復帰をファンの意思にゆだねるのは間違っている。
本人たちが復帰したいならさっさと復帰させて、
そのあとで人気が上がるか下がるかは本人たちの努力次第なのだから、
こんなところまでファンに「投票」させることはない。

これはまるで公開処刑のようで、
「あなたたちが許すまでこの子たちを殴り続けます」と言っているようなものだ。
メンバーの処遇についてファンが責任を持つのは大いに結構だが、
NMBは「ファンが育てるアイドル」というのを根本的に履き違えているような気がする。

メンバーに対してファンが「責任」を持つというのは、
「彼女たちの成長を積極的に気にかける」ということなのだ。
責任とは誰かから強制されるものではなく、
ファンの能動的な「気づかい」や「配慮」のなかから生まれてくるものだ。
メンバーのことを人として尊敬しているからこそ、責任が生まれてくる。
責任が生まれるからこそ、もっと彼女たちの挙動に関わろうと思う。
それは彼女たちが頑張っているのを知っているからであって、
ファンは誰から言われるわけでもなく責任を感じるようになる。

尊敬に値しないメンバーに対して、
「この子の責任をとってください」とファンにお願いするのは、
やはり本質的にまちがっていると思うのだ。
復帰賛成が過半数をいつまでも超えなかったらどうするつもりなのだろう?
ファンも「自主的謹慎」ということで納得したのだから、
ほとんど関心をなくした事例にいまさら責任をとる必要はない。


ちなにみタイトルの本ネタ「きみが泣くまで殴るのを止めない」は第一部ジョジョの科白です。
スポンサーサイト
プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。