スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】「風吹き」PVを見た感想など。

〔風は吹いている〕

震災復興応援ソングということで、
CD発売まえから「黒こげのガチャピン」が話題になっていた。
メルトダウンした原子力発電所か、
荒廃した被災地のどちらかの比喩かとおもっていたが、
「まだ生きてる…」とか言っていたので後者のよう。
さいごはガチャピンが巨大な消火器になって、炎上している地球を消火。
わかりやすいようなわかりにくいような、中途半端なPVだった。

「震災復興応援ソング」なのだから、
傷ついた黒こげのガチャピンを癒していくうちに、
ふわふわもこもこの可愛らしい姿に再生するとか、
空から一筋の光が差し込んで、大地に花が咲き乱れるとか、
そういう希望を思わせる演出があってもよかったのでは。

まあコンセプチュアルな曲なのでこれはこれでいいのかも。
アンダーガールズの曲のほうが、見ていて元気になるのは間違いないのだが。


〔君の背中〕

アンダーガールズが歌ってきた楽曲は下記のとおり。

13thシングル「言い訳Maybe」
アンダーガールズ 『飛べないアゲハチョウ』

14thシングル「RIVR」
アンダーガールズ 『君のことが好きだから』
シアターガールズ 『ひこうき雲』

16thシングル「ポニーテールとシュシュ」
アンダーガールズ 『盗まれた唇』
シアターガールズ 『僕のYELL』

17thシングル「ヘビーローテーション」
アンダーガールズ 『涙のシーソーゲーム』

18thシングル「Beginner」
アンダーガールズ 『僕だけのvalue』

20thシングル「桜の木になろう」
アンダーガールズ 『偶然の十字路』

21stシングル「Everyday、カチューシャ」
アンダーガールズ 『人の力』

22ndシングル「フライングゲット」
アンダーガールズ 『抱きしめちゃいけない』

23rdシングル「風は吹いている」
アンダーガールズ『君の背中』
アンダーガールズ ゆり組『ゴンドラリフト』
アンダーガールズ ばら組『Vamos』

シアターガールズとほぼ同一視されているので一緒と考える。
14thシングルの『君好き』あたりからアンダーガールズのカラーが安定している。

AKBのシングルが毎回趣向を凝らす一方で、
アンダーガールズはAKBらしい元気で明るい曲調。

高柳、山内というフレッシュな二人をセンターに、
もはやアンダーの顔となりつつある多田、佐藤すみれ。前田、加藤がアクセントに。
さらに木本、城といった若くて健康的なメンバーをそろえてきた今回の楽曲。
小森はそろそろシングルに移ってもいいかも。
そういえば、アンダーの顔仲川がどこを探してもみつからない。

短いながらも話のポイントがはっきりしていて、安心して見れるPV。
毎回「AKBらしい」PVが見れるのがこのアンダーガールズ枠で、
常に新しいものを出していかなければならないシングルがある一方で、
こうしてAKBファンが純粋に見たいPVがちゃんと作られているのが嬉しい。
背中にプリントがある制服がとても素晴らしい。


〔ゴンドラリフト〕
アンダーガールズ ゆり組
家族や夫婦をテーマにした、
これまでAKBではあまり見られなかったPV。
どことなくミスチルの最近のPVに似ている。
DiVAの3人や佐藤亜美菜、片山など年齢層も高めで、
「君の背中」とはまた異なったAKBの一面が見れる。
梅田はこちらのほうがしっくりくる。
みんな肌がつるつるしてる。

〔Vamos〕
アンダーガールズ ばら組
スカ系でノリのよい楽曲。
メンバーの統一性はまったくない。
平島熱演。
永尾の存在感。


ゆりばら両方に言えることだが、
シングル、アンダーガールズがそれぞれの役割をもっているなかで、
この「三曲目」は実験的なことができる貴重な枠。
「これからwonderland」や「胡桃とダイアローグ」のような、
AKBの新しい可能性を開拓していける場所。

プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。