スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】SUPER☆GiRLS 『女子力←パラダイス』について。

10月5日に発売されるSUPER☆GiRLSの3rdシングル 『女子力←パラダイス』
楽曲は相変わらず素晴らしい出来栄えですが、
それ以上に驚愕したことがあります。

発売日前だというのにすでにYoutubeのエイベックス専門チャンネルでPVが配信されています。
SUPER☆GiRLS 『女子力←パラダイス』 PV


津田大輔+牧村憲一の『未来型サバイバル音楽論』のなかに、
「敵から味方に変わったYouTube」という短い章があります。



かつてインターネットの出現を脅威ととらえ、
著作権保護に血眼になって、
悪名高いコピーコントロールを開発したあのエイベックスが、
YouTube上に専門チャンネルを構えるというのはまるで隔世の感があります。
それだけ音楽産業が劇的に変化したということでしょう。
質の高いPVをこうして早い段階で公開し、
まず多くの人に見てもらうようにして、
ファンを拡大していこうとする心意気は評価したいところです。

楽曲につていえば、
実際にスパガのライブにいって感じたのは、
ファンがメンバーと一緒に唱和する部分が非常に多いこと。
「おっおっおー」とか「GO!GO!」の部分です。
AKBにも「誰かのために」の後半などでファンがメンバーと声を合わせて歌うところがありますが、
スパガの楽曲はさらに多い印象です。
「うりゃほい」系のミックスから始まって、メンバーのコールを入れて、さらに楽曲でも唱和するので、
ファンはずっと叫んでいるような状態です。
「メンバーもファンも一緒になって、歌って踊って楽しむ」という、
アイドル曲の先端を走っているような印象も持ちました。

ちょっと前にアイドルバブルの話を書いたんですが、
SUPER☆GiRLSはあきらかに買い株です。

エイベックスが彼女たちの価値を担保しているし、
初のアイドルグループということで非常に力を入れています。
ファンサイトに携帯ゲームのような遊び心を加えた「マイドル」という試み、
さらに作曲家にも83年生まれの若手、松田純一氏を起用したりと、
積極的な姿勢が見えます。
いまから応援していけば、
スパガファンにはあと数年の間「おいしい」至福の時が訪れると思います。
とはいっても、未来のことなので何も保証はできませんが。
高揚感と不安が入り混じったような感覚。
初期のAKBもこんな感じだったのでしょうか。



スポンサーサイト
プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。