スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文再アップロード

2011年度の修士論文『現代アイドル論におけるAKB48』のデザインをかえて、
2013年版序文を添えて再アップロードしました。

https://docs.google.com/file/d/0B2hKtRUCDHYONTBpeUg5NUNfSzQ/edit?usp=sharing
スポンサーサイト

総選挙2013総括 「笑う」AKB

もうAKBからずいぶん離れた身ですがSKEオタの友人からいろいろ話を聞いていたので、
今年の総選挙についての私的な感想を少し書いてみようとおもいます。


2012年初頭の米平事件あたりからAKBの雰囲気は大きく変わった。
離れていくファンと新規参入のファン、つまりファンの新陳代謝が活発になった。
人々が甲子園球児に「期待」するようにAKBメンバーに期待していたひたむきさや謙虚さ、友情や信頼というものが、
この時期を境に(ファンによってはずっと以前から)、欺瞞や偽善、裏切りに変わった。
「夢のためにひたむきに努力する」というコンセプトの少女たちと、
それを応援して楽しむファンという構図がこうして破壊された。
「ひたむきさ」「謙虚さ」「純粋さ」はももクロをはじめさくら学院などにひきつがれ、
かつてのファンもそうして大移動していった。
AKBメンバーたちはかつての自分たちを嘲笑するように次々にスキャンダルを引き起こしたが、
不思議なあことに新しいファンはむしろそれをホットニュースとして大騒ぎし楽しんでいるように見えた。
現在のAKBファンは「ひたむきに努力する彼女たちの姿に感動する」とは決して言わない。
いまそれを真顔でいうのはモノノフだ。
いまのAKBメンバーは「ひたむきに努力すること」を笑い、「謙虚さ」を笑い、「ファンとの絆」を笑い、「純粋さ」を笑う。
つまり今のAKBは初期のAKBのコンセプトを、
パロディとして笑い飛ばすようになった。
それは彼女たちがもはやテレビにおけるバラエティタレントにすぎないことを意味している。
初期のメンバーが持っていたようなひたむきさ、謙虚さは、
テレビの前の安価な笑いに変えられた。
東京ドーム公演を終えたAKBメンバーたちは、
テレビで笑いを取るのに必死だ。
バラエティで人気を博すのはしゃべりの巧みさと他人の嘲笑である。
今年の総選挙の第一位は見事にそれを象徴している。
昨年の4位からすでにその兆候はあった。
番狂わせではなく当然の結果だろう。
彼女の存在は初期のAKBコンセプトを嘲笑し、
ファンもまたそれを選んだ。
多くの新しいファンは「ひたむきさ」などではなく、
「きれいごと」をパロディとして嘲笑するような存在を求めている。

以前にも書いたがアイドル冬の時代がなぜ訪れたのか。
諸説あるが、それまで憧れの存在だったアイドルがおニャン子クラブによってずっと身近なものとなり、
ずぶの素人がテレビの中で簡単にアイドルに変わってく姿をそれまでのアイドルのパロディとすることで、
アイドルであることもアイドルを応援することも「かっこわるい」ものになっていった。
これがひとつ説得力のある説明だろう。
「なに本気でアイドルなんか応援しちゃってるの?」
AKBというアイドル自身がこのようにアイドルを嘲笑するステージに入ったとき、
80年代後期のアイドルパロディからアイドル冬の時代という過程を繰り返すことになる。
ひとつ大きな違いがあるとすれば、
当時に比べて、ファンは本気で応援するに値するアイドルに自由に移行することができることだろう。
マスメディアのアイドルが縮小して、
また90年代のようなオタクのためのアイドルに戻っていくのかもしれない。

アイドルにかつての「ひたむきさ」を求めるファンとそれに答えるももクロをはじめとするアイドルたち。
もはやそうした「純粋アイドル」であることを自己否定し、
アイドルをパロディとして高らかに嘲笑する存在としての新生AKB48として生まれ変わるのか。
現在のアイドルシーンを見る上で非常に象徴的な総選挙でした。


付け加えれば、
AKBからさくら学院に移行した理由は失望や浮気心というものではなく。
単純に私の期待にAKBが答えられなくなっていたということでしょう。
ももクロファンがあれほど自信満々に「彼女たちの一生懸命がんばる姿に感動する」と言えるのに対して、
いまのAKBファンがはたしてそんな台詞を吐けるでしょうか?
アイドルにはファンが胸を張って応援できるようなアイドルでいてほしいものです。

【レポ】AKBコンサート@西武ドーム 総括

お祭りが終わり一夜明けて、
メンバーもファンも日常に戻っていきました。

忘れないうちに今回のコンサートの総括をしておきます。
初日から最終日までの感想はもうアップしてあるので、
コンサート自体のコンセプトなどを検証してみます。


【コンセプト】

秋本才加はコンサート翌日のブログでこう書いてる。

震災後初のライブ、被災地から来てくださった方もいらっしゃったと思います。
私たちのパフォーマンスで勇気や希望を届けることが出来たら嬉しく思います。
これからも私たちの活動を通して復興に向けて、力を合わせていけたらと思います。


2011年3月に起きた大災害後、はじめてのAKBライブ。
幻に終わった「たかみなについていきます」公演から長いブランクをおいてのコンサート。
しかもAKBは今後「誰かのためにプロジェクト」を発足させ震災に向き合って活動していくとして、
被災地訪問までしてきたのに、
今回の三日間のコンサートで一度も震災をテーマに取り上げることはなかった。
千秋楽「人の力」の最後に唐突なメッセージが示されただけで、
MCにも今回の震災が語られることがなかったし、
プロジェクトを代表する「誰かのために」もついに歌われることはなかった。

震災から4ヶ月というタイミングにしても、
AKBとして久しぶりのコンサートとしても、
どこかで震災への言及は必要だったと思う。

もしも作り手側が
「せっかくAKBの楽しいお祭りなんだから水を差すようなことはやめましょう」
として震災のテーマを省いたのだとしたら、それは大きな間違いだ。
せめて三日間のうち一日だけでもセットリストの一部に震災へのMCを組み込んで、
「誰かのために」を披露すべきだった。
高橋の口から震災も、流れてしまったコンサートへの言及もなかったのは残念。

震災を組み込むことでひとつのコンサートのなかに「鎮魂」という、
壮大なテーマを設定することも可能だったはずだ。
そうすることでファンは興ざめするどころか、
むしろ何の後ろめたさもなく復興のエネルギーを発揮することができる。
そのためにはやはり「きちんとした」言い回しができなくちゃならないし、
言葉を慎重に選ぶことのできるライターがいないといけない。
なんでも高橋に押し付けるには限界がある。
とくに震災など大きなテーマを扱うときはやはり定石を踏む必要があると感じた。

サイリウムを燭に見立てて一分間の黙祷をしたり、
三万人の観客と合唱したりする演出は十分可能だったはず。

被災地訪問であれだけ評価を上げていただけに、
たった4ヶ月で大震災が「無いもの」にされてしまったことがとても残念。
「誰かのためにプロジェクト」として、
どこかで震災を扱う機会があるはずなので、
次に期待。



さて、
今回のコンサートのテーマはいったいなんだったのか?

そもそもAKBが毎回テーマを設定しているかは置いておいて、
「組閣祭り」「満席祭り希望賛否両論」など意味ありげなタイトルが、
公演後のサプライズでネタ晴らしされるというひとつのパターンがある。

サプライズがないにしても、
コンサートを貫くようなコンセプトは絶対ある。

幻に消えた「たかみなについていきます」にしても
コンサートタイトルとしてとても明白だし、
セットリストも組み立てやすいと思う。
サプライズもなにかしら関連したものをもってきたはず。

さて今回の「よっしゃぁ~行くぞぉ~!」というタイトルだが、
最後まで消化不良のままに終わった。

つまりサプライズ発表で「よっしゃぁ~〇〇行くぞぉ~!」
の〇〇が埋められることを期待していたのだ。

これに対する回答は3つある。

一番理想的でドラマティックな展開は

「よっしゃぁ~行くぞぉ~!東京ドーム!」
観客「うおおおおおおおおおおおおおお」

もしも最後に東京ドーム公演が発表されれば、
今回の公演タイトルと見事に合致してすばらしいエンディングになったはず。
可能性はほぼゼロだったがすこし期待していた。

奇しくも千秋楽同日に声優水樹奈々が横アリライブにて
声優初の東京ドームコンサートを発表していた。

二つ目は、
「よっしゃぁ~行くぞぉ~!」
に震災後の復興という意味合いを持たせるという解釈。

しかし前述したように、
今回のコンサートに震災の要素はまったく組み込まれていなかった。
せめてアンコール最後のMCで高橋が、
震災で傷ついた人々のためコメントして、
前を向いて歩いていこう、みたいなありきたりでも意味のある言葉を言っていれば、
「よっしゃぁ~行くぞぉ~!」も回収された。

三つ目は、
単純に「よっしゃぁ~ AKB48初のドーム公演、行くぞぉ~!」的な意味合い。
「よっしゃぁ~行くぞぉ~!」自体がヲタのミックスから取ってきた言葉なので、
「AKB48初のドームコンサート」をテーマに設定するなら、
まあ悪くないタイトルだったといえる。

しかし、
ここでひとつ
大きな間違いを犯していることにお気づきだろうか。

「よっしゃぁ~行くぞぉ~!」と銘打っておきながら、
初日のセットリストにはミックスを打てる曲がほとんどないのだ。

これが今回のセットリストの奇妙なところだった。
初日の一曲目から「あああああ~よっしゃ行くぞぉ~!」
とファンが叫べるようにセットリストを組んでおけば、
公演コンセプトも非常に明確になった。

しかし初日には「まじスカ」の小芝居とアルバム曲を並べたことで、
ミックスを打てないままサイリウムを振るだけの時間が多くなる。
しかもアリーナ席の席がわるいと、
ステージも見えずただモニターを見る時間が多くなる。
その点、二日目のセットリストはよくできていた。

ということで、
今回のコンサートタイトル
「よっしゃぁ~行くぞぉ~!」
自体は悪くなかった。
その方向性が定まらないというのが問題だったと思う。

千秋楽最後の戸賀崎さんの発表も、
じゃんけん大会の抽選会という
「よっしゃぁ~行くぞぉ~!」
となんの関連もないイベントを持ってきたのも疑問だった。
抽選会はそれなりに盛り上がっていたのでよかったのかな…。


【西武ドーム】

西武ドームに直立する校舎のセットがすばらしかった。
バラの香りがするような清楚な学園。
左サイドにはプール、
右サイドにはバスケットコートと、
セットを見ただけでファンの期待を煽る作りだった。

それだけに「マジすか」から始まったのは残念。
三日目の登校シーンのように、
球場のいたるところからメンバーが溢れだし、
スクールバスに乗ったり自転車をこいだりしながら、
校舎に吸い込まれていくというすばらしい演出があればよかった。

デコレーションケーキの上の飾り人形のように、
メンバーが縦にも横にも広がる光景は圧巻。
この校舎を生かすことができたのが唯一三日目のオープニングだけだったのは惜しかった。
「少女たちよ」の楽曲と一緒にしてはじめて輝くセットだった。

三日間ともBブロックの端あたりに座ったが、
真ん中の花道がさっぱり見えない。
しかもステージの端にメンバーがほとんんどこないため、
アリーナの両サイドは完全に死に席になっていた。
特に身長のひくい子供、女性はかわいそうだった。
これならスタンドから全体を見てるほうがましだと思った。

せっかくアリーナにいるのにメンバーが踊ってる姿が見えないというのは致命的。
三日目に気づいたのは、
ヲタの人たちはメンバーが見えなくても充分盛り上がれるということ。
曲だけ聞こえてればミックスは打てるし、
モニターに推しメンが映ればコールする。
ミックスとかヲタ芸が発達していった理由がわかった気がする。
これはまた考察しよう。

SKEや二日目のNot yetの時に、
花道中央舞台がせり上がったのは壮観だった。


【セットリスト】

今回の公演最大の争点となっていたセットリスト。
主な批判としては
「三日間おなじ内容」
「劇場公演曲がない」
「ユニットシャッフルがない」
「初日と二日、三日で公演の質がちがいすぎる」
など。

今のAKBのように三日間連続してチケットを取るのが難しく、
多くの人は一日しか行くチャンスのない状況では、
三日間おなじセトリでやるのが妥当だろう。

まったく違う内容でやるのならば、
ファンも三日間見ることを前提に映画館などで流すなど工夫が必要になってくる。
そのかわりメンバーの負担も倍増する。
今回のようなケースではどの日にきても楽しめるように
セットリストを組むのが正解だろう。

各セットリストに対する感想は、
前のブログでアップしたので割愛。

異論もあるだろうが、
二日目はAKBの歴史にのこるくらいの名セットリストだった思う。

昨年から今年にかけてのメンバーのソロ活動、派生ユニットからはじまり、
各チーム曲で盛り上がりつつ、
姉妹グループ6曲から、
シングルメドレーという流れ。
アンコールでは「マジすか」小芝居。
そしてラストはコンサートを象徴する「少女たちよ」

AKBセトリのお手本のような内容だった。
そして前田ソロ、板野ソロ、派生ユニットなど、
まさにいま輝いているからこそできるすばらしい流れ。

初日、三日目はアルバム曲を「いれざるを得ない」状況だったのか、
セットリストとして不完全燃焼だった。
アルバム曲は嫌いではないのだが、
どうしてもなじみが薄いものになってしまう。

今回のセットリストを「新規向け」と批判する人もいるようだが、
それはちょっと違う。

劇場曲=古参むけ
シングル、アルバム=新規むけ

というわけではない。

「どうせ新規はシングルと最新のアルバムしか知らないだろう」
というのは思いこみだ。

たとえばシングル曲やテレビ番組からAKBに興味をもったとすると、
今の若い子たちはすぐにYoutubeで情報を集める。
すると過去のコンサートや劇場曲がでてくるから、
自然と中古参くらいの知識が身につく。

AKBヲタは「ハマりだすとあっという間に古参になる」

ネット操作に長け、時間に余裕のある若年層をあなどってはいけない。
彼らはメイキングやら過去のAXを見ているうちに、
あっという間に「古参」になってしまう。
しかもネットの世界は5年前の動画も昨日放送されたばかりの番組も、
おなじ水準ででてくる。
だから「新規ファンが増えたから劇場曲を減らす」という発想自体が妙だと思うのだ。
むしろAKBにハマりはじめたファンにとっては、
一般人が微妙に知らないくらいの曲があったほうがうれしいのだ。
「only today」とか「雨の動物園」ぐらいがちょうどいい。

だから初日のセトリは誰のために構成した曲目なのか、よくわからなかった。

今年はリバイバル公演などもあって、
ドーム公演は新しい曲を中心に構成したかったのかもしれないが、
むしろリバイバルがあったからこそ、
過去の曲を織り交ぜるいい機会だったと思う。

まあ、
普通のアーティストとして考えれば、
ニューアルバムを出したのだから、
アルバム中心のセットリスにするのが常識だろう。
あとはAKBに「常識」をもとめるのかどうかというところだ。

シャッフルについては
「メンバーが忙しすぎて組めなかったんだろう」
という同情論が出てくるのがなんだか悲しかった。

ユニットシャッフルはコンサートの楽しみのひとつだし、
いちばん手軽なサプライズでもある。
「チームA推し」とかMCじゃなくて楽曲としてみたかった。


【メンバーMC】

初日から二日目にかけての大きな成長は、
今回のコンサートの一番の収穫だった。
くわしくはメイキングを見るまでわからないが、
二日目はMCが劇的に向上したし、パフォーマンスもよくなった。

コンサートの演出も、
メンバーがかなり意見を出し合っているのがわかった。

たとえばコンサート翌日の宮澤のブログ

今回のコンサートは、初めて自分たちの案を採用して頂いたりしたので、コンサートを終えた今、すごく達成感に溢れています。
2日目と3日目で歌わせて頂いた、チームKの「転がる石になれ」に関しては、ほぼ自分たちで構成をさせて頂いたんですよ。

コンサート中、コンサート前後のメンバーのブログも、
とてもおもしろかった。

中でも二日目の夜にアップされた篠田のブログが秀逸。
http://blog.mariko-shinoda.net/index-2.html


メンバーの誰よりも多忙なのに、
毎回質の高い、気の利いたブログをアップする篠田はほんとにすごい。
ファンがどういう記事を読みたがってるのか、
メンバーの誰よりもわかってると思った。


【サプライズ】

今回初めて西武ドームに行ったのだが、
「客席が多いな…」とすごく普通の感想を抱いた。
ゲートをくぐり、すこし急な坂をのぼっていくと
すり鉢状の客席が人でびっしりと埋められていくのが見える。

アーティストがここでライブをするとひとつの事件だけど、
プロ野球は毎回ここで試合をしているというのが不思議だった。

サッカーしかり、
どうしてスポーツにこれだけの人が、
毎回飽きもせず集まってくるのか?
というのをずっと考えていた。

スポーツ、つまり「勝負の世界」では勝ち負けは人間の力を超えた「神のみぞ知る」出来事。
民俗学だと、こういう人知の及ばないものを物質に関連付けることがある。
たとえば「出産」という人の力の及ばない出来事のときには、
昔から「碁盤」を枕元に置くという習慣がある。
囲碁という勝負ごとと、出産をむすびつけているのだ。

スポーツの試合を見るために毎回これだけ人があつまるのは、
それがやはり人がいくら考えても予想もつかない「驚き」があるからだと思う。

AKBにとってそれは「サプライズ」で、
ファンの予想を裏切るような「事件」があるから、
飽きることなく足を運んでくるという側面も少なからずあると思う。

戸賀崎さんはスーツをきてマイクをもった瞬間だけ、
人間じゃなくもっと神聖なもの、
精霊というかエンジェルのような存在になって、
ステージの上からメンバーたちに神託を下す。

それはメンバー同様ファンにとっても「予想もつかない」ものだし、
「どうすることもできない」ものだ。

だからサプライズはコンサートには欠かせないもので、
大場のキャプテンや阿部入山の昇格にしても、
「その場に居合わせてよかった」と思える瞬間。
これがあるからまた来たいと思える。

サプライズは別に大きなものでなくても、
コンサートを通して見えたメンバーの成長だったり、
自分にしかわからないような小さな変化でもいいわけだ。

AKBとサプライズについてはまた改めて書こう。


はい、長くなりましたが総括は以上。


コンサート自体は三日間を通して楽しめたし、
特に二日目は「これがAKBのライブだ!」と思えるものだったので満足。

三日間を通じて、
いろんな変化を目の当たりにすることができた。

いまのAKBが抱える問題やファンが望んでいるもの、
コンサート独特の雰囲気など、得るものは大きかった。

またDVDが出たら感想を書きたいと思います。



【追記】

板野が西武コンサートについてブログを書いていたので追記。

http://ameblo.jp/xanadu11/day-20110726.html


今回のこの西武ドームは
半野外のような、明るい時間から始まり、日が落ちるにつれ会場も暗くなり、汗もいつもの倍、夏を感じながらライブできました


だんだん暗くなる会場にはじからはじまで埋まっているペンライトをみて、凄く綺麗で、いろんな事を想い涙が溢れそうになりました


AKB48が6年かけてここまで成長できた事、今こんなにもたくさんの方にAKBが愛されていること


本当に嬉しいです。


自分自身には、
また新たな課題、反省点、
このライブを通していろいろ感じることができました


これからも、AKB、そして板野の成長をみていて下さい


みなさんの中にこのライブが
少しでも楽しい夏の思い出になってたらいいな~♪




こういう文章がかける子なんだよね。

クールでさばさばした印象もあるが、
文章からは年相応の素直で無邪気な一面が滲みでている。

板野は今の年齢と外見、精神的なバランスが、
とてもいい状態で調和している時期。

なにをしても充実していて、すごく輝いて見える。
どのメンバーにもかならず一度はこういう時期が訪れるのだが、
今の板野がそれだと思う。

バンジージャンプと『ネ申テレビinマカオ』

バンジージャンプの起源はバヌアツ共和国ニューヘブリディーズ諸島にある、
ペンテコスト島で行われていた通過儀礼「ナゴール」にある。

日本でも罰ゲームとしてすっかりおなじみのバンジーだが、
本来は少年が成人男性として共同体にむかえ入れられるための通過儀礼であった。
行為それ自体よりも、その行為を通して、
主体をめぐる環境が明確に切り離されることが通過儀礼の眼目である。
とりわけ儀礼においては「痛み」「恐怖」「苦痛」などを伴うことが多い。

調べてみると日本でも米俵を担いで橋を渡るとか、
いろいろとユニークなものがある。
当然こうした通過儀礼に「失敗」することもあって、
家族で村を出たという話もある。

さて、
バンジージャンプは天空を目指す「上昇」とそこからの「落下」という、
非常に魅力的な要素をはらんだ加入礼である。
しかも単なる受動的な儀礼ではなく、
塔の上から最後の一歩を踏み出すのは自分の「勇気」だけというのがとてもすばらしい。
「最後の一歩を踏み出す」というのがここでは比喩ではないのだ。
自分の意志で一歩を踏み出して、そして大人になっていく。

足を縛り付けられただけの状態からの落下は当然ながら
すさまじい恐怖をもたらすものだし、
安全性が確保され「スポーツ」となった今でもそれは変わらない。
それどころか建築技術の発達によって
「ナゴール」からは想像もつかないほどの高所からのバンジーが可能になっている。

日本におけるバンジー受容で興味深いのは、
バラエティが「罰ゲーム」つまり恐怖を与えることを主な目的にするのに対し、
いくつかの番組においては「勇気」を示すことに力点が置かれていることである。

高所からの落下などだれも好んで「やりたくない」ことであり、
それにはどうしても「動機づけ」が必要になる。
「罰ゲーム」ではもちろん「罰」として、
「勇気をしめす」ことは番組の企画上の「ムチャぶり」といった体裁で行われる。





さて前置が長くなったが、
どうしてバンジージャンプについて考えていたかというと、
2010年12月26日に初回放送された
「AKB48 ネ申テレビスペシャル〜プロジェクトAKB in マカオ〜」
をいまさらながらYoutubeで視聴してとても感動してしまったからだ。

出演は秋元才加 仁藤萌乃 峯岸みなみ 横山由依 北原里英 宮崎美穂 山内鈴蘭

「失われた自分の名前を探す旅」という企画も、
最近のAKBの番組のなかでは良いほうだったと思う。
最後にメンバーたちはマカオタワー(338m)からのバンジージャンプ(233m/世界最高)を飛ぶことで、
自分の名前をとりもどす旅が終わる。

ただ勇気を示すという「バンジーのためのバンジー」ではなく、
厳しい「試練」を乗りこえることによって「達成」を得るという、
かつての民族的通過儀礼に近い演出になっている。
そしてその試練とはバンジージャンプによって「勇気を示す」ことである。

詳しくはYoutubeのこちらの動画を見て頂ければわかるが、
少女たちが示す勇気に思わず涙してしまう方も多いのではないか。

くりかえすが「勇気」は本来成人男性こそが示すものとされてきた。
しかしAKBメンバーたちは
本来ならば「男たち」がさらされるはずの恐怖におののき、
「男たち」が見せるはずの勇気を示す。

その姿は人の心を打つ。

もちろん全員が飛べたわけではないが、
その姿勢は充分に賞讃に値するものだった。

特に仁藤のメンタリティはAKBメンバーのなかでも飛び抜けて高いものだし、
山内は15歳ながらも思い切りのよさと強い気持ちがある。



こういうことの繰り返しがAKBなんだろうなと思った。

プロフィール

ちょんつん

Author:ちょんつん
Evangeline07をフォローしましょう

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。